人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ただいま発売中の、PHPスペシャル4月増刊号『50歳から人生は楽しくなる!』。
そのなかの記事でイラストを担当しています。

PHPスペシャル『50歳から人生は楽しくなる!』_e0084542_1048178.jpg

「今回はムチッとした女の人を存分に描いてください!」とのありがたいご依頼。
もともと『ムチッと女子』を描くのが好きなのですが、
実際イラストレーションのお仕事ではやはり女性はある程度のスレンダーを求められることも多いもの。
そんなときは、細身にしつつもそこはかとないむっちり感が残るような女子を描いてささやかな意思表明らしきものをしてみたり。
女性は細くても、なんとなくむちっとしてるのが色っぽいと思いません?
男性が細マッチョなら、女性は細ムッチリ!

PHPスペシャル『50歳から人生は楽しくなる!』_e0084542_10483388.jpg

今回は20代から60代までの世代違いの女性や、
写真にはありませんが体質タイプ別の女性像なども描きまして、あらためて女性の姿の多様さを感じる機会となりました。

表題の更年期もそろそろ気になるお年頃…ではありますが、
この『50歳から人生は楽しくなる!』、樹木希林さんのインタビューに始まり、対談も、取材記事も
とても読み応えがあります。
網中いづるさんの温かいオレンジが素敵な表紙イラストも素敵。
ぜひ、手に取ってご覧下さい。
息子のために図書館で借りることもなくなり、ああ残念。
私が借りて読んだ本はレビューを載せるのもなんだか気恥ずかしい。なぜだ?
(Twitterにときどき「本のおとも」というタイトルで画像をアップしています。)

息子も自分でそれなりに本を借りて読むようになったので、まあいいか。
最近は『西遊記』全7巻をお友達と順番に借りてみんなで読んでいるらしい。
私は子どもの頃かなりの本の虫だったので、それと比較したら吹いて飛びそうな読書量なのだけれど、
その分、彼は毎日お友達と遊びにいって、
「よくそうも次から次へ思いつくね」と思うほどいろいろな遊びの虫になっているので、
それも、まあいいか。

図書館でごっそり借りることはなくなったけれど、読み聞かせは時々していて、
今は『星の王子さま』。
池澤夏樹・訳のが読んでみたかったので(私が)。
でも、時々しか読まないのでなかなか進まない。
# by ayako-iwagami | 2016-02-28 12:00 | こどもの本。
座って、読む。_e0084542_1233383.jpg

本は寝る前に枕元のライトで読むのが至福の時なのですが…。

最近、バランスボールに座って読むのが調子いい。
もともと肩こり・頭痛に加えて、腰痛も出てきて、
長時間椅子に座り、机に向かって作業するのが厳しくなってきた今日このごろ。

息子の姿勢矯正にと思って購入したバランスボール、
テレビを見ながら座ると良いなどと聞きますが、私はあまりテレビを見ないので「ではひとつ…」と
まっすぐ座って本を読んでみたところ。
足もしっかりついて、ただ座るだけなんだけれど背中も気持ちよいし、意外と疲れない。
普段、ソファーにごろんと転がりながら読むとどうしても首や肩が痛くなるのに、
それがないから、むしろラク!
でもバランスボールらしくボヨンボヨン揺らすのは、酔いやすく電車で本の読めない私には無理。
したがって、特に何かのトレーニングになるとは思いませんが、
日常の居場所のひとつとして、ただ、まっすぐ座るのが気持ちよかった。
ふだん姿勢が悪いから。。。

ちなみに写真の本、『ぼくモノ』。いつもの通り図書館で借りて読みましたが
私の後に300人以上の予約が。
ミニマリストの方の整然としたお部屋、
モノ沢山な我が家ではいまのところはとてもじゃないけど手が届く気がしない。
(ど〜んとバランスボールが転がってるような家です)
世界一周旅行の旅行記を「わーいいわね〜あこがれる〜」って読んでるくらいな感じ。
けれど、すごく共感できるいい言葉も多い。
おかたづけの話のようで、そうでない。
おもに心の整理のような部分が「うん」とうなずきたくなる感じ。
そして、いきなり世界一周とはいかなくても、まずは一歩旅に出てみることからはじめてみたいと思ったりした。
先月に宝島社さんより発売されました『赤ちゃんができたらもらえるお金の話』で
イラストを2点担当しています。
とはいえ、書き下ろしではなく、WEBにアップしていたものを気に入ってくださって
そのまま使っていただくことに。

以前「もし、ママのスカートがもうすこしふんわりしていたら」というテーマで描いたシリーズの2点です。
ですから、子どもとママの本に使ってもらってとってもうれしい。

『赤ちゃんができたらもらえるお金の話』_e0084542_12181323.jpg

情報満載の実用書のなかで浮かないかしら…と思いましたが、
「はじめに」と「おわりに」のページで想像以上に大きく使っていただきました。

『赤ちゃんができたらもらえるお金の話』_e0084542_12182730.jpg

お金の話…子どもが大切だからこそ、向き合う現実的なお話。
そのなかの、ほっと一息なページになってくれるといいなと思います。
手仕事_e0084542_1840525.jpg


個展のときにフリーで持ち帰っていただいた包装紙。
「ブックカバーにどうぞ」というものだったのですが、
これの余りで最近は封筒を作っています。

学校に持っていく息子の集金など入れてる…。
簡単で単純な作業だけれど、空き時間に手を動かしたいときはちょうどいい。
いらなくなった綿の服を細かく切って、掃除用の小さな切れ端にしていく作業とおなじくらい、
ちょうどいい。
そして、そんな作業が、好き。