小鬼の寝た間に・・・

青塾時代のお友達が訪問してくれた。
見せてもらった作品や
お土産のプリンや
お楽しみはたくさんあったけど。

いちばん嬉しかったのは
めったにないお客さんにテンションのあがりきった子供が
勢いあまってぐっすり眠りに落ちたこと。
そして、その間にゆっくりおしゃべりが出来たこと。

子供に邪魔されずに会話するのが非常に難しい日常。
こんな時間がなによりありがたいのであります。
母の楽しんでる間、
どうぞいい夢を見て、ゆっくり眠ってちょうだいな。
[PR]