人気ブログランキング |

前歯に関する、恐怖と思い出

歯が欠けた。

といっても、正しくは以前欠けた歯を治してあったのが取れてしまったのだ。
といっても、前歯の半分がなくなると、なんとも情けない顔になる。
それで、すぐさま歯医者に行った。

私は病院嫌いではないと思う。
注射も採血も好きではないけれど、怖くはない。
どちらかといえば大事になる前に、積極的に病院へ行くほうだと思う。
でもそれも内科の話であって、
歯医者は。。。やっぱり怖いでございます。

前回、当の歯を治して以来だから8年ぶりくらいである。
歯が大事なことは分かってる。
虫歯がなくてもケアに行ったほうがいいのも分かってる。
そのうえ今回の治療はまったく痛くはないはず。
それでもあの診察台に上るとコチコチに緊張してしまう。
8年も経てば、歯科医療に飛躍的な変化が起こって、
心安らかに治療が受けられるのでは。。。と淡い期待を持っていたが、
先生も助手の女の子も私より若くなっているほかは
特に変わりはなく、あいかわらずの金きり音。
怖いです。
「まだ虫歯ありますからまた来てくださいね」と言われたけど
予約を取らずに退散する。

そもそもなんで歯なんて折れたかと言えば
8年前に友人とスキーに行って、
新しい靴で暴走し雪壁に突っ込んだときに自分のストックで折ってしまったのである。
年末で歯医者さんが見つからず、情けない顔のまま年を越した。
それ以来、スキーはやっていない。

しかしながら、スキーで怪我したのはこれが二度目だった。
前シーズンのスキーで、内科オンリーの私が脳外科にかかることになったのだった。
その話は、またの機会に。