人気ブログランキング |

モロッコ味

食べる話が続いてしまうのは、日々何も他にしていないからなのか。。。

先日、クスクスを食べに行った。
食文化知識の乏しい私の発想といえば、
「クスクスってモロッコでしょ~。
モロッコっていったらフランス色が強いんじゃないの~?
なんかいいんじゃないの~」
くらいの、興味。
で、食文化というよりは食べることにもっぱらの執着を見せる
わが妹を誘って、三軒茶屋のロワゾーへ。

仲見世通り?ごちゃごちゃしたアーケード路地のなかに
ちいさなそのお店はある。
青い細かいタイル敷きの床に年季が入って、2人がけのちいさなテーブルが6個くらい。
カウンターの向こうで背筋のしゃんと伸びた若いマダムがてきぱきと一人で切り盛りしてる。
こじんまりとして、異国らしいのかいい意味で雑多な感じ。
好きな方にはお勧めです。

クスクスはパスタだけど、これまでサラダになってるのくらいしか食したことがなかったので
クスクスメインの食事ははじめて。
スープをかけていただきます。
私の注文は肉団子入りスープ。この団子、ハーブが一緒にまざってる。
一瞬、ほうれん草か?と思うほど刻みハーブがガッツリ。
もちろんおいしい。クセもない。
妹はラムチョップつき。これまた当然うまい。

「おいしい。おいしい。これがモロッコか。」などいいながら、
二人でラム肉を食べたとき、
「・・・なんか懐かしくない?」
そう、私たち姉妹は幼い頃、ラムの焼肉をかなり頻繁に食べた。
確か、市内のスーパーで安く売っていたので、
我が家の日常メニューになっていた時期があったのだ。
「よく食べたよね。」
ちなみに妹は北海道に住んでいた時期があり、
そのころはジンギスカンをたらふく食べていたらしいので、
それが第二次ラム肉期になる。

食後にはミントティー。
金色の、こすったらアラジンが出てきそうなポットに
生のミントが浮かんでる。甘い。おいしい。
「・・・なんかこの味も懐かしいよね?」
実家の庭に生えていたハッカの葉をちぎった香り。
食べたり飲んだりはしてないはずだけれど。。。

まだ見ぬ国モロッコの味は、
埼玉北部の小さな一軒家の懐かしい味を思い出すものでもありましたとさ。
まったりのんびり。おなかいっぱい。

ちなみにもう一品。
ひき肉をクミンをきかせて炒めたものが具になった上げ春巻きに
シナモンシュガーをかけたもの。これぞ異国、の味でした。
すごく好みでした。