<   2014年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

e0084542_21165346.jpg


残暑お見舞い申し上げます。

酷暑の折、いかがお過ごしでしょうか。
暑い町・熊谷と世界遺産・富岡製糸場の間くらいに位置する
畑の多い町で生まれ育った私の夏の原風景は、
炎天下の桑畑の中をひたすら歩いてプールに通ったこと、
桑の葉が太陽をギラギラと照り返していたこと。
でも夕方には派手な雷が鳴って夕立が来て、
そのあとの涼しい風と蚊取り線香のにおいに、ほっとしたこと。
そんな夏のサイクルが懐かしくなります。
ここのところの暑さはリセットなしの連日ですね。
どうぞ、お体を大切になさってください。
-------------

写真はこの間のグループ展のお礼状と残暑お見舞いを兼ねて送ったカード。
俳句がテーマの展示でしたから、これもある俳句をお題に描いたものなのですが。。。
今年、小2の息子の夏休みはまさにこんな感じでした。
父母両方の実家に帰省し、虫取り三昧、そして漫画読みデビュー…。
まるで予知夢のような絵です。

e0084542_21164866.jpg

今回、カードを、控えめに光る紙に印刷してみました。
写真じゃ分かりずらいかなあ。
白バックの絵だと、印刷でいろんなことが出来そう!
[PR]
e0084542_14373278.jpg

8月5日付の朝日新聞にはいった紙面「ボンマルシェ」でカットをいろいろ担当しました。

今回の特集テーマは「夏を元気に!パワーフード」。
アサイー、はと麦…etc、暑い夏を元気に乗り切るレシピが紹介されています。
朝日新聞を購読されている方はぜひ!
新聞は手元にないの〜という方はWEBでもお読みいただけます!
http://www.asahi.com/ad/clients/bonmarche/life/

e0084542_14431976.jpg

特集記事のほか、タケダの漢方とのタイアップ記事(こちらも健康のお話)にも
描きました。

今回、はつらつとした女性!というオーダーに応えるのが難しかったのは、
私に元気がないからでしょうか・・・。
元気レシピを参考に、私も頑張ります〜〜♪
[PR]
e0084542_21182751.jpg


夏休み前くらいに借りた本。
子どもが自分で読むためのものも借りるので、
私が読んだのは上の二冊。

『ペチューニアのたからもの』
(ロジャー・ヂュボアザンさく・え / 乾侑美子・やく)
版画かなあ。
色数が少なくて、でもいい色で、牧場の動物たちがたくさん出てくるんだけれど
押さえた色味ながらカラフルで、気持ちよい絵だった。
お話は、宝物をみつけてお金持ちになったつもりのペチューニアが、
金持ちゆえの悩みを抱えるって話。
でも子ども絵本らしい繰り返しの表現で、最後にはハッピーエンド。


『かがくのとも くさむらでみつけたよ』
(得田之久・ぶん / たかはしきよし・え)
ちょっとした草むらでいろんな虫に目を向けてみると、
その瞬間にいろんなドラマが、その小さな世界でおきていることを発見する。。
といったような本。
知識を与えてくれるものではないけれど、
小さな世界に気づくこと自体がおおきな収穫なのかもしれない。


--以下3冊は息子のひとり読みように借りてみた--

『ぞうくんのはじめてのぼうけん』
(セシル・ジョスリン作/レナード・ワイスガード絵/こみやゆう訳)
2色刷りの色使い、絵の繊細さや頃合いが、私にとってストライクで借りてみた。
色だけでなく絵柄もシックで、ぞうくんもそんなにかわいらしいデフォルメではないの。
インテリアとか風景とかの表現も装飾的で素敵だったな。
お話は読んでないので分かりません。。

『ぞうくんのすてきなりょこう』
(セシル・ジョスリン作/レナード・ワイスガード絵/こみやゆう訳)
上と同じ、シリーズ。こちらはなぜか息子が音読したので話を聞いたのだけれど、
どうやらぞうくん一家はイギリスに住んでいて、この度フランス旅行に行くらしい。
それでお母さんからいろんなフランス語を習って、日常生活でもフランス単語まじりで会話する…
ルー大柴のフランス語版的な感じがしなくもない(笑)。
絵柄の大人っぽさに対して、訳なのかもともとの文章なのか、ちょっと子どもっぽい気がする。
絵と文にちょっとギャップを感じた。


『フィーフィーのすてきな夏休み』
(エミリー・ロッダ作/さくまゆみこ訳/たしろちさと絵)
私は読んでいないから内容は分からないんだけれど、
チュウチュウ通りシリーズという連作のひとつ。
学校の図書室でこのシリーズを見つけたらしく、気に入ってよく借りてきている。
チュウチュウ通りにすんでいるいろんなキャラクターの物語で、
前に読んだキャラクターやエピソードも登場するから、読み進めると面白いらしい。
だんだん自分も通りの住人になるような気分なのかな。楽しそう。
[PR]
by ayako-iwagami | 2014-08-04 12:00 | こどもの本。
e0084542_1726029.jpg


この夏、我が家の初手作り味噌ができあがりました。
寒さが残る、桃のお節句の頃に、息子と仕込んだ麦麹と米麹の入った味噌。
4ヶ月熟成させて、毎日がうだるような暑さのこの時期に、
いよいよ解禁〜!

初挑戦のわりには、いいんじゃない?…ふたりで自画自賛。
「キュウリに味噌」が好きな息子がよく食べてます。
私も、ビール買ってこよう〜〜っと♪
[PR]