<   2013年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

瞬く間に冬らしい寒さになって、
クリスマス、そして2013年ももうすこし。

12月も中旬になってようやく私の体調も日々の予定をこなせるほどに回復して
溜まってしまった家事やら、整理ごとやら、
そして子どものクリスマス会なんかもやって日常が戻ってきた感じです。
...と思ったら2学期終了で冬休み突入。

e0084542_1121782.jpg

そんな日常のなかのクリスマスカラー。
上の写真、先日友人が来てくれて女3人+息子1人のクリスマス会をひらいたときに
持ってきてくれたクールでガーリーなクリスマスケーキ!。
分かりづらいけれど真上から撮ったものです。
細長いムースケーキにホワイトチョコのスペードが。
日常からノーブルな非日常へと一瞬でトリップさせてくれるような
ヴィヴィットな赤に、オトナな女子心のテンションは大いにあがったのでした。


e0084542_11323378.jpg

そして我が家のファミリークリスマスでは
自分でケーキは作りたいという息子が市販のスポンジにデコレーション。
イチゴとブルーベリーの色合わせ、シンプルで素朴。
こちらは日々の暮らしのちいさな楽しみを感じさせてくれるようなビジュアル。

そんなクリスマス気分も終わり、ただいま私の実家に帰省中。
以前はPC環境の無い実家では不自由も多かったけれど、
ノートPCを持って帰って、iphoneのテザリング使ったら普通に作業もできるもんね。
便利だなあ。
最近は旧友の新しい活動のために、サイトやビジュアルづくりを手伝ったりしています。
その点は本職ではないからあれこれ試行錯誤しながら。
でも、お互い夢を応援し合える関係が嬉しいなと思う、年の瀬。

年越しはまた東京の自宅に戻ります。。。
[PR]
e0084542_16371914.jpg

寝る前の読み聞かせ。
私が調子の悪い時は、自分で読むための本を1冊読んで寝る、
という夜も増えてきて、絵本に触れる機会も少し減ったこの秋。
息子はもっぱら角野栄子さんの「ちいさいおばけシリーズ」を読みあさっています。


『ヘンゼルとグレーテル』
(スーザン・ジェファーズ絵/おおばみなこ訳)
意外と定番の物語を読んでいないことに気づき借りてきたもの。
夢のようなお菓子の家から一変、魔女に捕まって食べられそうになるというくだりは
すごく怖かったようで、子どもは固唾をのんで聞いていました。
そもそも貧しさのあまり、親が子どもを森へ置き去りにしようと話し合うという
冒頭の出来事じたいが衝撃的だったらしい。
そうよね。昔話って残酷なのよ。
でもその残酷さから何を感じるかが、肝心なんだよね、きっと。
昔話の残酷さを怖い、嫌だと思う気持ちは子ども心に大切なんじゃないかとも思う。
絵がとっても繊細で美しくて、
恐ろしさを際立たせるようでもあり、救いになっているようでもあり。


『スイミー』
(レオ・レオニ作 谷川俊太郎・訳)
教科書にも載っているというスイミー。
「レオ・レオニ展」で自分だけ堪能して読んだ気分になっていたら、
息子はまだ知らなかった。。。
学芸会で上級生がこの「スイミー」を演じたらしく、うんうんとうなずきながら聞いていました。
レオ・レオニの作品には小さくて賢いものが主人公になることが多いですね。
小さくて賢くて、大きいことを望むわけでなく、ただまっすぐに生きる、みたいな。
その潔さを心地よいと、いつの日か子どもが感じてくれたら嬉しいな。

『そりにのったトコちゃん』
(佐藤さとる・作 /村上勉・絵)
久しぶりのコロボックルシリーズ。
とくべつ劇的な出来事が起こるわけではないんだけれど
小指半分ほどの大きさの小人の世界、その日常というのが
おだやかで、ちょっとだけドキドキして、安心して読める一冊。
トコちゃんのソリは椿の葉っぱでした。
かわいらしい。
[PR]
by ayako-iwagami | 2013-12-18 12:00 | こどもの本。
e0084542_102873.jpg

千駄ヶ谷のランドリーグラフィックスさんでひらかれていた
「クリスマスCDジャケット展」が終了しました。
最終日にはこのオリジナルCDのために演奏してくださった
ウクレレ奏者の西里慶さんのスペシャルライブも行われて、
ギャラリー内は超満員の熱気もありながら、
ウクレレとギターとウッドベースの音色に
温かい歌声、そしてフラダンスと、なんともいえない癒しの空気につつまれて幕を閉じました。

足を運んでくださった皆さま、
CDをお買い上げいただいた皆さま、
気にかけてくださった皆さま、
そしてギャラリースタッフの皆さま、
どうもありがとうございました。

e0084542_10123550.jpg


8種類のCDジャケット。
同じテーマでありながら、
それぞれのアプローチの違いをじっくり感じられて、とても勉強になりました。

e0084542_1014784.jpg


私の描いた絵はこちらのジャケットに。
我が家のクリスマスコーナーに飾っておきたいと思います。
そして念願だったポスターもデザイナーさんがもう一枚印刷してくださって。
ふふふ。うれしいクリスマスプレゼントをもらった気分です♪
[PR]
e0084542_947945.jpg

先週からの「CDジャケット展」、初日のライブもとても盛り上がったようです。
行けなくて残念!
今週はこんな感じで在廊する予定です。

・11日(水)13時〜15時半
・12日(木)15時〜19時
・13日(金)15時〜ライブ

13日が最終日です。
ぜひぜひいらしてください♪
CDは3曲入り¥500で販売中、最終日のライブチケット付きです♪
ジャケットは8種類!お好みのものをどうぞ。ドキドキ。
(PC再生専用です)

CDジャケットだけでなく、ポスターも見応えあると思います。
それぞれのポスターの紙が違っていたり特殊印刷だったり。
原画と見比べて、「この絵がこんな風に!」と発見、感動がありますよ。


クリスマス・CDジャケット展
12/2[mon] ⇒ 12/13[fri] 13:00 ⇒ 20:00 
最終日は18:00まで。
※最終日18:00より、西里慶バンドスペシャルライブを行います。このライブは、CDをご購入くださった方のみご入場いただけます。

参加イラストレーター:
伊藤英里佳・いわがみ綾子・川崎真奈・駒井和彬・椎木彩子・鈴木暢男・tent・はるみるく
参加デザイナー:
小口智也・小倉英子・白井瑞器・大悟法淳一・田邉雄一・中島慶章・宮坂佳枝・吉林優
演奏・CD音源制作:西里慶バンド

Laundry Graphics gallery
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-11-3 メゾン中塚101
http://www.laundry-graphics.jp/gallery/exhibitions/131202.html
[PR]