<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

e0084542_9451442.jpg

7月のセレクト~。
読んだ順に覚え書~。

『かがくのとも ターくんのちいさないけ』
(西村繁男 さく)
庭に、おじいちゃんと池を作るってお話。
穴を掘って石を並べて水を張って・・・
まずその過程が、工作と工事現場好きの息子にはツボ。
それからハスや水草を植えたり、メダカを放したり、
そこにいろんな生き物がやってきたり。
池の育っていく過程が2年間。
私の実家にも父が作った池があるのだけど、鯉とか金魚とか入れたから
趣きが違うなあ。
ターくんの池みたいに、自然の水場みたいな池もいいなあ。

『たくさんのふしぎ エネルギー』
(池内了 文/スズキコージ 絵)
小学校3.4年生向けだった(汗)。
発電に興味ありのこのごろ、いろんな発電エネルギーネタでも・・・と思ったら。
かなり物理的なエネルギーの話でした。
熱エネルギー、光エネルギー、化学エネルギー、運動エネルギーなど。
その発生と受け渡しなどを、小学生の分かる程度に解説。
自転車で坂を上ったり、下りたりで位置エネルギーを作ったり使ったりするとか、
物理嫌いな私は淡々と読むばかり。
でも実際、自転車の下り坂で息子が後ろの座席で
「いちエネルギー!!」と叫んでいたところをみると、いちおう伝わったらしい(笑)。
こんな本なのに、まったく説明的でないスズキコージさんの絵がかっこいい。


『ふくろうときつつき』
(ブライアン・ワイルドスミス さく・え/さのまみこ やく)
お隣同士のふくろうときつつき。
きつつきの騒音問題、ふくろうのご近所トラブル。
森の動物たちもみんなで集まって・・・。
森の色彩がすごい!
どうぶつ達の繊細でありつつタッチの効いた描写もすごい!
ずっと読みたかった、ブライアン・ワイルドスミスは想像以上にカッコよかった!
(・・・完全に子供のためと称して自分の欲を満たしてる)
絵の魅力がたくさん詰まった絵本です。

『スーホの白い馬』
(大塚勇三 再話/赤羽末吉 画)
名作絵本ですよね。
何とか賞とか、何とか推薦とかもいっぱいついてる。
でも私が子供だったら自分じゃたぶん選ばなかったな。地味だもん(笑)。
でも、読んでみて納得。
切ない物語がやさしい口調で語られるんだけど、
ものすごく深みがある。
絵と、文章がとってもいい関係なのかな。
横長形の本を開いてすごく横長になる画面に広がる風景は
まさにモンゴルの平原。
草原を吹く風や、戦の血なまぐさい匂いが感じられそうな風情。
全てのページが絵巻物みたいな雰囲気。
地味だけど、子供もじっと聞いている。
今度、馬頭琴を見たらきっと泣いちゃうな。

『エルマーとりゅう』
(ルース・スタイルス・ガネット さく/ルース・クリスマン・ガネット え)
1冊目が大ヒットだったので、シリーズ2冊目を借りてみた。
ん~。
正直、1冊目のようなドキドキ感は無し。
なんか、先が見えないと言うか、行き当たりばったり的というか。
冒険なんだから、行き当たりばったりで当然ではあるんだけど、
前作みたいに、目的がはっきりした冒険のほうが小さい子供には分かりやすいかしら。
読んでる私も「何も起こらないなあ・・・」と思うくらいだから(汗)。
前回助け出したりゅう君と旅するっていうところは好きなんだけれど。
でも、何だかんだで、子供はやっぱり「エルマー読んで!」と毎晩言うから
それほど不満はないのかな。
挿絵が、子供にとってすごく見やすいみたい。
正確なのに、温かみがあって、モノクロだけど優しい。
挿絵画家は著者の母親ですって。
[PR]
by ayako-iwagami | 2012-07-25 21:00 | こどもの本。
e0084542_17152085.jpg
もう発売になっていますが、
園芸とお庭の雑誌『ガーデン&ガーデンvol.42』のなかに
カットを描きました。

おしゃれなお庭が盛りだくさん!
草花の種類の解説や、
ため息の出るような立派なお庭から、
ちょこっとまねできるようなお庭のアイデアなどもいろいろ詰まってます。
どこもかしこもグリーンでまぶしい!

我が家はお庭どころかベランダも無いっていう
育った田舎と大違いの環境ですが、
にわかにお庭への憧れがつのっています。
いいなあ。ハーブくらい植えたいなあ。
なんて、思いながら、ページをめくって森林浴気分。。。
[PR]
e0084542_16232177.jpg


息子の幼稚園で盆踊り。
園児は浴衣必須、親はどちらでも。
毎年、親子そろって浴衣で行きました。

浴衣なんて年に一度くらいしか着る機会がなくて
なんだか残念。

それにしても私の浴衣、渋いよね。
もうかれこれ20年着ています!
年がバレるけど、
もともと振袖選びに呉服市に行って、一目ぼれした男物の反物を
ど~してもこれが着たくって、母に仕立ててもらったもの。
籠目模様って、縁起物らしい。
母も「あんたはホントに渋好みね~…」と、言いながらお裁縫してくれて、
そのころは、この好みが20年も続くとは思っていなかっただろうなあ。
当時は女子はみんな紺地に花柄みたいなきれいなの着てたし、
その後は華やかなのがたくさん売られるようになったものね。

今でも大好きな柄だけど、
しかし!
中途半端に歳をとってしまったら、地味な柄がシャレにならなくなってきた(汗)
さらに年配になるまで、大切に着続けるとしても、
このあたりでまた新しいお気に入りにもめぐり合えるといいな。

私のは20年ものだけど、
息子の浴衣は3年目。もう今年で限界だな・・・。
これはこれで気に入ってるんだけど。
[PR]
e0084542_9391598.jpg

ひさしぶりに、ホームページのトップ画像を変えました。
夏だから、軽い感じに。
制服女子です(笑)!
http://a-iwagami.com

ホテルのリネン係風の制服とか、
アメリカのカジュアルな食堂の制服が好き。

それを身に着けて、働く熟女の佇まいも好き。
制服そのものも好きなんだけど、
服に着られてないところ、
何をしてても私は私、みたいな誇り高いところが見え隠れしたら、カッコイイ~!

というわけで、カッコイイ熟女は
一人でも、集合体でも、関係なくカッコイイのです。
ま、この絵がカッコイイかは別としてもね(笑)。
[PR]
by ayako-iwagami | 2012-07-07 09:54 | お知らせ
e0084542_1011898.jpg


6月後半はこちらでした。
相変わらずの母セレクト(笑)。

『コロボックルそらをとぶ』
(佐藤さとる・作/村上勉・絵)
青い鳥文庫の『誰も知らない小さな国』から始まるコロボックルシリーズは
個人的には日本が世界に誇れる児童向け物語NO.1だと思っているんですが、
まだまだ息子には早いなあ、と思っていたら。
小学校低学年向きコーナーにありました!
文字の多い絵本って感じのものが!
同じコロボックルの世界の中で起こる出来事で、絵も同じ村上勉さん。
小指ほどの大きさの小人の世界のワクワクした感じは文庫同様楽しめます。
こちらもシリーズで出ているよう。
小人話は息子も食いつくので、しばらく借りてみよう~♪

『かがくのとも おとうふやさん』
離乳食期からの筋金入りの偏食・少食な息子も
作り方の工程とか見せたら興味持つかなと思って、借りてみた。
男の子が朝早くに近所のお豆腐屋さんに行って、
お豆腐・その他が出来るまでを見せてもらうっていう絵本。
絹ごしと木綿の作り方の違いを私もはじめて知りました!
息子も読後、おとうふ食べていました!

『ちいさいおうち』
(バージニア・リー・バートン 絵・文/石井桃子 訳)
ベストセラー、定番のなかでも大好きな本。再読です。前は2歳代だったかな。
田舎にあるちいさいおうちは幸せだったのだけど、周りがだんだん街になっていって・・・。
この本にはセリフがほとんどない。風景のこととおうちの気持ちが優しく綴られて、
それが今どきの子供には退屈か?と思うのだが、そんなこともなく聞き入っている。
絵の力も大きいと思う。おうちが顔に見えるらしい。
細かい風景の中にもいろんなものを見つけ出し、手でなぞってみたりしながら楽しんでいた。
文章量は多めだけれど、文字の配置も素敵で軽やかな印象。
全てのページに優しさと美しさの詰まった本!

『さるとかに』
(神沢利子 文/赤羽末吉 絵)
文と絵、ゴールデンタッグです。
今回も猿が憎たらしい顔してる!
文章は擬音語だか擬態語だかが魅力的です。
柿の木が「ざらんざらん」と実をつけたとか、
猿が柿の実を「ぶしゃくしゃ」と食べるとか、
つぶれたお母さんガニから子ガニたちが「ずくずく」うまれてくるとか、
全体を通して音読していても、無理なく読みやすい、美しい日本語。
でも子ガニたちもあだ討ちに出かける時にきび団子を腰につけていくんだけど、
これって昔の慣わしだったのかしら?

『エルマーのぼうけん』
(ルース・スタイルス・ガネットさく/ルース・クリスマン・ガネットえ)
絵本ではなくて、挿絵多めの読み物の本。
「冒険」という言葉に心躍っしまうお年頃の息子。
これはドンピシャにはまったようで、毎晩すごく楽しみに聞いていました。
ごく普通の家庭の子供、エルマーがどうぶつ島に捕らわれたりゅうの子供を助けに行くお話。
2ページ置きぐらいに挿絵が出てくるので、それを楽しみにワクワクしたり、
巻頭に島の絵地図があるんだけど、それを度々見返して確認しながら読み進めたり。
読み終えてからも絵と、地図を眺め、なんとこれまで自発的に本を読むことが全くなかったのが
見出しくらいは自分で読んでみたりしていた。
子供が自分で触って、ページをめくりたくなる本、ってことなのかしら。
だとしたら、読書入門の本として、やっぱり優秀なんだと思います。
[PR]
by ayako-iwagami | 2012-07-06 10:00 | こどもの本。
e0084542_1922869.jpg

休日に外出から帰宅したら、
息子が夫と風車を工作していた。
窓辺に置いたらクルクル回る・・・のは夫作のほう。
息子のは回らない風車と紙コップの人形。

風が吹き抜ける部屋は気持ちのいいものです。
実家の私の部屋は日当たりよりも風通しのほうが良かったから、
明るい部屋に憧れはあるけれど、絶対に必要なのは風。
暑さにも弱いんだけど、湿気にすごく弱いのです・・・「花がつお」か!ってほどに。

今の部屋も風通しだけは文句なし。
昼間ひとりの時には窓全開で、ビュンビュン風が吹き抜けて、
紙とか飛んでっちゃうんだけど(だから散らかるんだ・笑)、
あ~でも気持ちいい~

窓から晴れた空が見えたら、さらに気持ちいいし、
元気が出るから、おひさまの力は摩訶不思議。

風と光の力と恵みはありがたいよね。
大事にしたいよね、
ホントだよね、
なんて、モヤモヤと思う今日この頃。
[PR]