<   2009年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

テレビが新しくなってから、まったく本を読まなくなってしまった。

そして、一時もじっとしていられない性質の2歳児が常に一緒なので
目下のところ、私の本選びは
ふらりと本屋で出合ったもの、とか
図書館で前から気になっていたものを今日は手にとって、とか
残念ながらそういったゆったりしたものではなく。
これと決めたものをあらかじめ図書館に予約を入れ
まとめて取りに行く、というもの。
だから、読みたい本が思い浮かばないと予約も出来ず
したがって何も読めない。。。
最近は子供の絵本もこの方法でまとめて借りてる。

そんなこんなで、久しぶりに手元にやってきたのは
『ロング・グッドバイ』レイモンド・チャンドラー著 村上春樹訳
『キャッチャー・イン・ザ・ライ』、『グレートギャツビー』に続き、村上訳もの。
分厚い本だった。厚いのは構わないが、私は読むのがとっても遅い。
それにもかかわらず、あっという間に(?私にしては。)読み終わった。
やっぱり読みやすい。翻訳物とは思えないくらい自然に心に入ってくる。
アメリカを舞台にした、アメリカ人が主役の村上作品?って思うくらい。

この話、主人公は探偵だけど、探偵物とは違う。
ミステリーともちがう。ハードボイルドでもないし。なんだろう。
それらの要素が全部入って、それでいて情感豊か。
最後までみっちり中身が詰まった鯛焼きみたいな感じ。
こんな例えしか出来なくって申し訳ないんだけど。
[PR]