<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日常に見かける、いろんなイラストレーションを見ていて、
人でも、動物でも、植物でも、静物でも、
描いてあるものが、なんだか記号のように見えることが、わりとある。

記号は記号で、その美しさはどこまでもあると思うけれど、
私は絵に描かれているものは、たとえ静物であれ
記号のように見えるものは好きでない。
決まった形状、決まったデフォルメ。
これが笑顔、これが悲しい顔、といった決まった表情。
サンプルをいろいろ張り付けて、出来上がっているような。

と、気づいたら、
自分の絵も記号になっているような気もして、
いまさらながら、悩みはじめた。
うんうんうなってみる。

願わくば、
自分の描く絵からは
五感+第六感で感じる何かがあるといいと思う。
香り、音、味、明暗、触感、感情などなど。。。

自分が普段から感じていないと出来ないんだろうな。
そのために感性をおおう皮膚を薄くしておきたいと思った。

精進、あるのみ。ふう。
[PR]
先日、東京駅ステーションギャラリーの『前川國男建築展』にいってきた。

建築の専門知識はないから
それなりの見方になっていたとは思うけど
ずいぶん時間をかけて見て回れたと思う。

なかでも
その内容はよく分からないものの
手描きの図面からはある種の温度のようなものが伝わってくる。

図面自体は作品じゃないし、
ツールとしてコンピューターを使うのにも利がある。
もちろん、データとしての図面を作ることと
手描きで図面を描くことが、
モノ作りへの思い、技量などを測る指標にはならないだろう。

それは重々承知した上で、
それでも手描き図面の一本一本の線を見ていると
得体の知れない何かが備わっているような気がしてならない。

なんなのか。
それを簡単に「愛」なんていってしまったら
私はコンピューターがすこぶる苦手なアナログさんですよーと
開きなおってるようなものかしら?


ちなみに東京駅ステーションギャラリーはこの展示をもって
一時休館するらしいです。
2011年にリニューアルオープンとか。
以前は展示室内もレンガで床も木でなくて
赤じゅうたんだった気がするのだけれど、ちがったかしら?
今回壁は白いクロス張りでした。
レンガの風情が好きなギャラリーなので、
リニューアルしてもあのレトロ感が残ればいいなあ。
[PR]
映画『シルヴィア』をDVDで見た。
公開時から気になっていたのは、衣装が素敵そうだったから。
50年代のイギリス、アメリカファッション!
そんな、かなり軽い気持ちで見たのだけれど...。


苦しかった。
怖かった。
ちなみにこの映画は
サスペンスでもスリラーでもありません。
ひとりの女流詩人の人生の話。
詩作、恋、結婚、そして...。


映画としてどうとかの感想ではなくて
ただ、ただ、このシルヴィアの状況が
私にとっては、ひどく苦しい。
苦しいけれど見なくちゃいけない。
見えないふりをしていたものを
見せられたような。

息がつまりそうに苦しい。
怖い。
翌日、街を歩いていても悲しくて涙が出そうになるほど、
心になにかをくらった感じ。

この感覚ははるか昔、『山月記』を読んだ時以来。
読むのが怖いのだけど、向き合わないわけにはいかない、
自分を見据えるための特別な物語。
長年かかって、ずいぶんと折り合いが付いてきたと思うけど。

このシルヴィアとも、きっと自分の中で丁寧に向き合うしかないんだろうな。
人生にはその時々でふさわしい出会いがあるのだと思う。
たぶんこれもそんな私にとってのタイムリーな課題なんだろう。

なんて。
暗い感想。あくまでも主人公シルヴィアに対する気持ちね。
映画自体がどうってことではなくて。

さて、当初の目的だった映画のファッションは衣装担当が
『エデンより彼方に』と同じだそうで、なんだか納得。
『エデン〜』はカラフルだったけれど
『シルヴィア』は画面全体がグリーン基調。
その印象とストーリーを考えると、やっぱり映画ファッションは面白いなと思う。
[PR]
本日は久しぶりに大雨。
小雨なら傘はささない派なのだけれど
さすがに今日は傘をさして買い物に。

雨の日によく起ること。
お店の入り口にある、傘を入れるビニール袋。
これに傘を入れてお買い物してると
かなりの確率で、お店を出る時には傘から外れてなくなってる。
みんなそうなのかと思っていたら、
友人に「そんなことないですよ」って笑いながら言われたから、
多数派ではないらしい。
そりゃそうだ。
みんな外れてたら、雨の日の店内はビニール袋があちこちに落ちて、
だったら配らないほうがいいだろう、ってことになるのだろうから。

きっと私は、デパートなんかでうろうろしてる時に
傘から袋を引きずって歩いてるんだろう。
ちょっと気取ってるときにそんな格好だったら恥ずかしいなあ。
とにかく。私は袋が外れることが、極めて多い。

そして、傘そのものもなくしてしまうことも非常に多い。
これは雨が降っていない時、電車やお店に忘れてしまうのだ。
気に入って買った傘を、一度も使わないうちになくしたこともある。
上野駅の遺失物係まで探しにいったこともある。
大変なので、あまり思い入れのない傘を使うことにしたら
今度はちっともなくさない。もう何年も何の変哲もない傘を使ってる。
そろそろお気に入りの傘を探したいな、と思うのだけれど
またなくしものをしそうで怖い。

もっと、傘とうまくやっていきたいなと思うのである。
[PR]