<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昨日の雪で、
窓から見える屋根たちが、いちめん真っ白。

昨日は窓際に寝そべって見上げると
ひらひらと雪の落ちてきて、しばらくぼおっと眺めた。
ひとつとして同じ軌跡を描かずに舞い落ちる、雪の自由さが
なんだかくすぐったいような、頼もしいような。

雪の中を歩くのは慣れないから
ついつい足下ばかりに気を取られて
雪景色を眺める余裕がない。
去年の雪の日は、凍った上を慎重に歩いていたら
間違えて隣のマンションに到着してしまった。

昨日も雪を踏み締めることに集中していたら、
路地の門扉で雪だるまに遭遇。
ブロック塀の上には手のひらサイズのチビ雪だるまがずら〜っと並んでいた。
か...かわいい..!!
だれの仕業か分からないけど、まだ雪のやまないうちである。
こんなかわいい心意気に出会えるなら、
もうすこし周りを見ながら歩けるようになりたいな。

今日はもう晴れていたから、チビさん達にはもう会えないけれど
なんとなく東京の雪降りには似合ってたような気がした。
[PR]
すべりこみで先日、森美術館に行ってまいりました。
周囲の友人達の好感想をたよりに
ほとんど予備知識もなく出かけ...。

なんとも見ごたえのある展覧会でした。
普段、あまり写真の展示は見るほうではないし、
杉本氏のこれまでも、作品自体の評価のされ方も
その功績について私は知らないのだけれど、

ただ、初対面で、
なんとも美しい。
絵画的と思えるような物語の気分。

ひとつひとつの作品を見つめると、
作家がその被写体に向かいあった時間の長さ、
その時間の濃密さを感じる。
そんなギリギリの緊張感。

会場内で上映されていたインタビューで
「展示の会場ごとつくる」と言った内容の事を
氏が語っていたけれど、
作品のシリーズごとに分けられた部屋はみな
壁面や照明がちがっていて
それもまた光と影の美しい空間に。

去年、行けなかった直島にも
やっぱり今年は行ってみたいな、とも思い
何となく背筋が伸びて会場をあとにしたのでした。
[PR]
今年の正月はお伊勢参りにゆきました。

関東からほとんど出たことのない私にとっては
伊勢神宮はもちろん初体験。
本当は「伊勢」はつけないで、ただ「神宮」というのが正式名称とか。
そういえばお守りにも、戌の土鈴にも「伊勢」の文字はない。
ふうん。そうだったんだ。
内宮と外宮とふたつあることも初耳。
皇族などもお参りするいわゆる神宮は内宮とのこと。
で、私達も内宮へ。

初もうでの人の波は石段の下のそのまた手前の道まで続き、
1時間ほど並んで内宮の正面でお参り。
想像以上に簡素な茅葺き&白木の建物に
白い布が暖簾(?...)みたいにかかってるだけの
有無をいわさぬ美しさ。
それを大きく揺らして吹き抜ける風さえも
霊験あらたかに感じてしまうような圧倒的な存在感。

なんといっても古代の高床式を今に伝える姿とか。
これはほんもの。
飾りなんてない。大袈裟なところもない。
きっと「真なるもの」には
ほかには何もいらないんだな。

ただ、なんとなく、
「千と千尋の神隠し」で汚れを落としてもらってさっぱりした
川の神様の姿、を連想してしまったりして...。

その他、「遷宮」とか、あまり知らなくて
なんだか目からウロコが落ちることばかりでした。

帰りは赤福本店でひと休み。
できたて赤福は土産ものとは別物かと思うくらいのやわらかさ。
お餅がとろ〜っとのびるくらい。
ものすごく込んでいた店内だけれど
店員さんの紺のワンピースの制服も、
黒光りする柱に掛かった丸時計も、
大きな釜から立ちのぼるほうじ茶の湯気も、
すべてがゆったりとした気分にさせてくれる、ほんのひととき。

店内でも配付、赤福の箱詰めにも入ってる、毎日違う、伊勢だより。
この日は、志摩安乗文楽のこと。
赤福のページでは今日の伊勢だよりもみられます。

潔く、
ゆったりと。
よき一年でありますように。
[PR]
昨年中もたくさんの方に出会い、お世話になりました。
みなさん、どうもありがとう。
そして本年も、たくさんの人、こと、に出会えますように。
よろしくお願いいたします。

さて、年末は自分の十大ニュースを考えたり
そこから、06年の目標やら計画やらを立ててみたりしたのですが。
振り返ってみれば、やはりなんとものんびりと過ごした一年でした。
まったくの自由生活。
結果、ふくふくと肥えてしまい...。
望んでいたこととはいえ、緊張感とは無縁の生活。

そこで、今年の目標などは細かく立ててはみたものの
おおきく今年のわたくしのテーマはズバリ
「腹をすかせる」。
色んな意味でね。
これでいきたいと思う、2006年元旦でございます。
そんな感じの年明けです。
[PR]