<   2005年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

11/5〜27まで
代官山ヒルサイドウェストにてオープンしていた
MOT:MUSEUM OF TRAVEL
 が終了しました。

展示のための写真や、お土産を提供してくださったみなさま、
会期中、御来場いただいたみなさま、
そのほか、運営に関してご協力いただきましたみなさま、
ほんとうにありがとうございました。

今回のプロジェクトにスタッフとして参加したことを通じて
魅力的な仲間達と出会えたこと、
いろいろな価値観、考え方にふれたこと、
そして、自分の中でこれからとりくむべき課題を得たこと、
などなどの収穫がありました。

MOTでの活動はイラストレーションでの関わりはありませんでしたが、
この数カ月に得たものは、これからの制作に活かしていけそうな。
いま、自分の中で新たなスタートに向けて準備中です。
来年はまた、活動の幅がひろがるとよいな。

まずはひと段落。
ありがとうございました。
[PR]
HBギャラリーのコンペの搬入を済ませて、
ギャラリーで会った青山塾時代の友人とまい泉でランチ。

店内にクリスマスツリーがあった。
2mくらいの濃い緑色のもみの木(人工)に
キラキラフサフサの帯。色とりどりの球体。
プレゼント箱のオーナメント。
あか、あお、みどり。
これぞクリスマスツリー!
好感がもてる姿。

元銭湯の和風レトロな店内でカツやらカレーやら海老フライを出す、あの場には、
やはり、この元祖クリスマスツリー的なもので然り。妙に納得。


幼いころ、
クリスマスツリーの飾りつけは、姉妹ふたりの恒例行事でしたが
我が家のもみの木は、庭の本物の木(おそらくもみの木ではない..)を
父が、掘り起こし、鉢に入れ、床の間に置いていたものでした。
自然木なので、あんなきれいな円錐形にはならなくて
枝も出っぱったり、まがってたり。
それでも妹と、雪の代わりに綿をのせたり
サンタの飾りを付けたり。
てっぺんには銀の星。
そして、キラキラ点灯。
あか、あお、みどり...。

クリスマスが終わると木は庭に戻され、
床の間には正月用の掛け軸が掛けられます。
羽子板が飾られて、それはそれでまた華やか。
そのころは、和でも洋でも関係なくて、
どちらも一年に一度だけ、押し入れの箱から出てくる、きれいなものだったのです。
クリスマス飾りのはいったボール紙の箱も
羽子板の入った段ボールも、私にとっては、特別な箱。

クリスマスの木は、年を追うごとに大きくなって、
私達の成長と共に、家に持ち込めなくなりました。
今となってはどれがその木なのか、今でもあるのかも分かりませんが
庭の入り口にある、屋根ぐらいの高さの、大きなのがそうではないかと思います。



その昔、彼は年に一度スターになった。
姉妹がはしゃぎながら飾りを付けて、とても素敵なクリスマスツリーになった。
その木が運ばれてきたら、家族みんながワクワクした。
部屋の明かりを消して、彼のキラキラだけが、食卓を明るく灯した。
毎年少しずつおおきくなっても、
子供達も大きくなっていったから、一緒だった。

今、
彼は大きくなりすぎて家には入れない。
姉妹も大きくなったので、家をはなれて暮らしている。
だから彼は外の庭の入り口で、家を一年じゅうながめてる。
庭を通って家を訪ねる人を見ている。
夜空の下で満天の星をながめがら、昔、自分についていた星をちょっと思い出す。
ときどき、姉妹が帰ってきたら、一番に迎えられることが彼の今の誇り。

往年のスター☆我が家のミスター・クリスマスツリー。
[PR]
「ネイルで国旗」
これ
今やってるMOT:MUSEUM OF TRAVELのなかの
ミニワークショップです。
世界の国旗見本をみて、好きなものを自分でネイルアートする。

国旗って本当に知らないものがたくさんあって、
色にもカタチにも意味があって、
それでいてシンプルな分、美しい。
ちなみに今回眺めて一番のお気に入りはグルジア国旗です。
すごくかわいらしく感じる。

そんな未知の国、国旗に出会うこと、
また良く知ってるようで、良く見ることもなかったものに出会うこと。
そんな出会いがあったらいいな。
ネイルに描いてるあいだ、けっこう集中できます。
何かのヒラメキのきっかけになったら...。

先日はフランス好きの友人がMOTに遊びに来てくれたので、
フランス国旗にしてみました。
いいなあフランス、飛んでいきた〜い!とおもったら
隣にトリが...。そしたらまわりにもあれやこれや。
ちょっとやり過ぎかしら。

でも、ウクレレ弾きの為に短くしている爪に、絵を描いたら意外と楽しかったのです。
気になった方はぜひMOT会場でお試し下さい〜♪




e0084542_20393165.jpg
[PR]
なかなか先延ばしになってしまっていた
我が家のNEWソファー計画。

やっと、
昨日、買いにいってきた。

あちこち見てまわり、
北欧の中古家具とずいぶん迷った結果、
当初の予定通り、
カリモク60のロビーチェアを購入。
グリーンのモケット。

私はこの妖しく光るモケット地がすき。
背のところがダイヤ型にキルティングされてるのもすき。
紫のクッションを見つけて、置く
ということだけ、決めている。

でも、これ、大きい...。
入るんだろうか?家に。

というわけで、ソファー様がやってくる月末までに
部屋の大掃除と模様替えをしなくてはならない。

ダイニングのイスが似合わなすぎるので
これも、考えなくっちゃならない。
小振りで、足のきれいなイスに、出会えるといいなあ。

我が家の楽しい冬支度。
[PR]
うつくしきもの
というタイトルで、日記を書いたら、
なんでか下書きで消えてしまった。
けっこうボリュームあったのに...。

要は
このあいだのMOTのオープニングパーティーの
小包み料理が素晴らしすぎて感動したこと。
目を覚まさせてくれた気がしたこと。

表現すること。
人の笑顔につづくこと。
こころがきらめくようなふるえるような感覚。

夢のような暗がりとたよりない光の中の会場で
もうひとつの光を見つけたような。
うつくしきもの。
うつくしきよるに。
[PR]
オープンしました!
---

「MOT: MUSEUM OF TRAVEL」
http://mot05.exblog.jp/
期間:2005年11月5日(土)〜27日(日)
場所:代官山ヒルサイドウエスト
※「代官山インスタレーション2005」参加プロジェクトです。
---

大勢の方にご協力いただいて集めた、世界の旅行写真は90ヵ国!
世界を俯瞰。
ひとつひとつながめていくと、
旅に対する思いはひとそれぞれ。
壁一面に貼られた写真は、各国の一部でもあり、旅人の一部でもあるような。

外にはテントで休む、カフェコーナーもあります(雨天時は閉店)。
いろんな国のちょっとめずらしいメニューも揃えてます。

ほかにも旅にまつわる本を揃えたライブラリー。
ワークショップコーナーでは国旗をネイルアートもできます。

期間中にはゲストを招いての、トークイベントも数回。
ふだん、なかなか接することのない話を聞けるチャンス!
気軽に参加できます。
詳しくはこちら→http://mot05.exblog.jp/690366/

みなさまどうぞ、お楽しみ下さい。
[PR]
MOTのための買い出しにいった。

まずはスタバでひとり作戦を練る。
お買いものメモをつくる。

メモを片手に、いざユザワヤへ。

布売り場、木工売り場、手芸売り場。
いつもは馴染みのない売り場には、おもしろいものがいっぱい。
でも気にしてるヒマはない。
いろんなものを、さっさと済ませなくちゃならない。

メモを見ながら、あちらへこちらへ。

ひ...広すぎるのであります。
モノ。モノ。モノ。
モノのひしめく谷のあいだをふらふらさまよう姿は
地図片手の宝探しの旅。

というより、完全に迷子状態。
見つからないわ、きめられないわ。
ユザワヤ難民...。

こんどは時間を作って、売り場探検に行くとしよう。
[PR]