カテゴリ:こどもの本。( 39 )

e0084542_16342852.jpg

あいかわらずの読み聞かせ。
なかなか進まない読み聞かせ。
自発的に読書するのは遠い先かな。。。
ハリーポッターが読みたい…なんて言ってるけど。。。ハードル高すぎ。
というわけで、まだまだ絵本やら交代音読できるものをセレクト。

『ダンゴムシ』
(今森光彦/文・写真)
以前からダンゴムシ好きの息子。
小学校に入るなり、机の中でダンゴムシを飼い大騒ぎに。
その後は毎日数匹のダンゴムシと共に帰宅。
そんな息子のタイムリーネタとして借りた本。
びっくりするほどアップの写真に、母は多少引きましたが、
息子は「こうなってるんだ!」と食いついておりました。
筆者がダンゴムシを見た感想のような文章なので、お話とかダンゴムシの生態とかというよりは
やっぱり写真集なのかな。

『のばらの村のものがたり・木の実のなるころ』
(ジル・バークレム作/岸田衿子・訳)
のばらの村シリーズも3冊目。毎回登場するネズミたちの家の断面図がツボで
それほど刺激的でもないお話でも、よく聞いている。
ネズミが着ているお洋服もドレッシーで素敵だし、おいしそうな西洋風のお菓子なんかも
すべてがクラッシックで、私も子どもの頃大好きだった本。
まだまだシリーズは続きます。


『ニコラスどこにいってたの?』
(レオ・レオー二作/谷川俊太郎・訳)
ただいまbunkamuraにて展覧会中のレオ・レオー二。
このニコラスも良かったなあ。
ニコラスが甘くておいしい実をさがしに出かけるんだけれどそこで体験したことが、
仲間ネズミたちの心も変えていく。
レオ・レオー二はすごくシンプルなストーリーの中に、大切にしたいメッセージを
感じられるところが愛される理由なのかな。


『またもりへ』
(エッツ・ぶん/え)
定番絵本『もりのなか』の続編。
モノクロの絵柄にとっても静かな雰囲気を感じられて、
息子もひっそりとおちついた様子で聞き入る物語。
前作では森の中でいろんな動物と合流して行進して、遊んでというお話しだったけれど、
今度は動物たちの輪の中で、みんなが得意なことを披露していくという話。
「ぼく」の得意なことが…素敵なんです。


『らいおんみどりの日曜日』
(中川李枝子さく/山脇百合子え)
このみどりのらいおん、「らいおんみどり」も『ぐりとぐらかるた』に登場する。
なにもの?って思うんだけれどキャベツをむしゃむしゃ食べてる優しいらいおん。
サーカスネコの「トロ団長」とか登場するもののネーミングもかわいい。
台詞の間合いがほんとうになんともいえない感じで、息子も読みやすいらしい。
絵本でないこのような長い話は毎晩コツコツ読みすすめるのだけれど、
実際は途中で飽きてしまって読まなくなるものもある。
けれど中川さんの本に関してはどんなに時間がかかっても、毎晩「読もう!」というので
なにか心地よさがあるのかな。
[PR]
by ayako-iwagami | 2013-07-02 09:19 | こどもの本。
e0084542_2318461.jpg

久しぶりの本レビュー。
いまだに一緒に布団に入らないと寝られない息子。。。
いつもそうやって布団にもぐって読み聞かせをしているのですが、
最近になってようやく息子も少しは自分で読む気になったようで、
見開き2ページずつ母子が交代で音読しています。(だからなかなか進まない…汗)

『かぐやひめ』
(円地文子・文 秋野不矩・絵)
冒頭の文章など、かなり原文の現代語訳に忠実かつ読みやすく、さすがの感が。
でもかぐやひめのおはなしって意外と分かっていなかったりで新鮮でした。
絵は日本画家の秋野不矩(あきのふく)さん。
以前に読んだ、あきのさんの『いっすんぼうし』がとっても素敵で、
私の中の「ベスト・オブ・いっすんぼうし」なんですが。
この本もすてき。色もあでやかだったり、陰があったり。
日本の物語にはとっても似つかわしいと思うのです。


『おおきなきがほしい』
(ぶん・さとうさとる え・むらかみつとむ)
「コロボックルシリーズ」のお二人。
初めて読みましたが、この絵本、とっても好き!
主人公の男の子が「おおきな木があったらいいのになあ」と妄想。
「その木にはしごをかけて、部屋を作って、もっとうえまではしごをかけて、そのまた上に…」
って、どんどん木が高くなっていく…妄想。
でも、そのすごーく背の高いツリーハウスというかはしご付きの木がとっても魅力的で。
はじめと最後にその木の全貌が描かれているんだけど、
本の見開きいっぱいに斜めに描かれているほど高い木!
子どもも私もわくわくしました。


『はだかの王さま』
(話・アンデルセン 再話・中井貴惠 絵・colobockle)
『はだかの王さま』、久しぶりに読みました。そうか、こんなおはなしだったのね。
colobockleさんの絵が、贅沢三昧の王さまの衣装にとっても合っていて、
それはそれはおしゃれな王さまでした。


『三つ子のこぶた』
(中川李枝子・作 山脇百合子・絵)
このお二人の本が好きなんだから仕方ない。
またまた借りてしまいました。
「子どもとお母さんのおはなし」シリーズのひとつ。
シリーズは他に『けんたうさぎ』と『こぎつねコンチ』。
どれも、その名のとおりお母さんが読んであげるのにちょうどよい、
ただただゆったりとした、安心感のある本。
絵も言葉も、ここちよい。
[PR]
by ayako-iwagami | 2013-04-22 12:00 | こどもの本。
e0084542_19163961.jpg

1月に読んだ本たち。
あいかわらずの読み聞かせ。喉の痛い日はお休み。

『かがくのとも おいだらやまのくま』
(米田一彦・文/田中豊美・絵)
息子セレクト。
図書館に行ってもまず、かがくのともコーナーから選ぶ息子。
結果、興味ある無いに関わらずいろんなのを持ってくる。
これはある山に住む熊の2年くらいの暮らしの様子。
生まれてずっと母熊と一緒だった子熊たちを置いて、
ある日、母熊はオスの熊と一緒に森に消えてしまう。
いわゆる子離れなんだけれど、そのシーンで息子はちょっぴり
不安そうな顔をしていた。
人間の子離れは、まだまだ先よ…。

『かがくのとも ターくんのちいさないけ』
(西村繁男・さく)
息子セレクト。しかもこれ、二回目。
好きなのかしら、これ。
おじいちゃんと庭に池を、穴を掘るところから作り、その様子を2年分くらい
描いたものなんだけど。
「いいなあ〜うちにもお庭があれば、池つくれるのになあ〜」
実家の池がちょうどこのターくんの池くらいの大きさだから(昔、父が作った)
やろうとおもえばターくんみたいにビオトープ的な池を作ることは出来るとは思うけど
日々観察できないとつまんないもんね。

『かえってきた ネッシーのおむこさん』
(角野栄子・作/西川おさむ・絵)
前回借りた、『ネッシーのおむこさん』の続編。
ネッシーと結婚したかいじゅうザブーには子どもがたくさんできて幸せに暮らしていました…
からはじまる物語。ひきつづき、ほのぼの。
でもやっぱり人間たちのエゴに巻き込まれ、でも最後は仲良しに。
ザブーが居なくなった故郷の湖が汚れていった…のは、
湖がさみしくておしゃれをしなくなったから…っていうところには
なんだか心がふわっとしてはっとした。

『神沢利子のおはなしの時間1』
(井上洋介・絵)
この1冊には「くまの子ウーフ」の物語が収録されています。
自分では内容を忘れていたけれど、今回ウーフを読んでびっくりしました。
「いのち」「おかね」などのことを語っていますが、深い!
子ども向けのシンプルな文章なだけに、哲学的。
例えば、「ウーフはなにでできているか?」。
「ニワトリは卵をたくさん産むんだから卵で出来ている」と言うウーフ。
友達のキツネに「じゃあウーフはおしっこするからおしっこでできているのか」と言われてしまい。
血も出る、汗も出るけれどボクは血や汗だけで出来ているの?
だったらいろんなこと考えられないよ。おしっこがそんなこと考えないよ、と考えて…。
結果は「ウーフはウーフでできているんだ」!
子どもも大人も、思春期の中学生なんかも読んだら感じることが多そう、な1冊でした。

『ききみみずきん』
(木下順二・文/初山滋・絵)
以前もご紹介した、大好きな絵本『たなばた』とおなじ、初山滋さんの絵。
日本の昔話だからなのか、色使いはレトロ。
でも曲線やら構図やらほんとうに美しい。
ききみみずきんは物語も好き。
父親の形見の頭巾をかぶると鳥や木の声が聞こえる。
その声にしたがって、木を救い、人の病気を治し、しまいには村を救う。
物語そのものも酷いところがなく、押し付けがましい勧善懲悪や教訓も無く
清らなおはなしだけれど
言葉と、絵で静けさとか柔らかさをよけいに感じられる気がします。
[PR]
by ayako-iwagami | 2013-02-03 12:00 | こどもの本。
e0084542_12254844.jpg

私が小さいころは図鑑といったら百科事典のようなかんじで
「動物」とか「植物」とか「宇宙」とか、そういった分類でシリーズになっていました。
私もそういったものを買ってもらって、今でも実家にあります。
教科辞典というもので十数冊のセットだったけれど、読むものは決まっていて
「歴史・地理」の巻と「美術・音楽」の巻ばかり…。
ほかのほとんどは手つかず…かわいそうな本たち。ごめんよ。

でも最近の図鑑はちがいますね。
これまで通りのオーソドックスなものもありながら、
「くらべる図鑑」をはじめ、分類・編集の視点がさまざまで
子どもの図鑑売り場は見ていて飽きません。

写真左は息子が5歳の誕生日に購入した我が家のファースト図鑑!
PHP研究所の『できかた図鑑』
宇宙のできかた、雲のできかた、虹のできかた、人体のできかた…
と、あらゆるものできかたが見開き2ページにまとまっています。
これまでの分類法を超えたくくりに私が飛びついて買ったもの。
「なんで?」「どうやって?」という子どもの疑問に1冊で応えてくれ、役立っています。

PHP研究所の図鑑は視点が面白いのです。
『いのちの図鑑』、『すごい自然図鑑』、『たまご大図鑑』なんて、どんな分類?って興味津々。
『伝説の生き物大図鑑』や『星座の伝説大図鑑』は、とりあえず私が欲しいくらい。

私は子どものころは物語が好きだったので、文学作品をよみあさり、
想像の世界に浸っているつもりでした。
図鑑や辞典は知識を得るためのものだから想像の余地はなし、と思って「よみもの」とは
認識していなかったと思います(それなりに読みましたけれど)。
でも、大人になってみたら、
「世界」は図鑑の知識をはるかに超えた未知のもので出来ていると、気づいてしまった訳で。
そうしたら、知れば知るほど未知の世界が広がるような、
それを補うのは想像でしかないような。(高度な知識も含めて未知の世界!)
分かるんだけど、分からない、
分からないから面白い、
そんな心地を味わえる。
図鑑が想像力の呼び水になるような気がして、これからはまっていきそうです。


そして、写真右はこの間サンタさんがくれたもの。
『ずかん宝石』(技術評論社)
石好きの息子、いわゆる鉱物図鑑を借りて眺めてたりしましたが、
「ほんとうはさ〜宝石が好きなんだよね〜宝石だけの図鑑があればいいのに〜」と。
で、これ。
あるんですね。最近出版されたもののようで、ちゃんと子ども用。
石の出来方や利用のされ方、歴史上の逸話などが宝石ごとにまとまっています。
これを毎晩寝るときに読んで!と言われ、
「昨日はトパーズまで読んだから〜今日はアメジストからね…」みたいな。
さぞ、きらびやかな夢が見られるんだろうな。。。
[PR]
by ayako-iwagami | 2013-01-23 12:00 | こどもの本。
e0084542_1612425.jpg

ひさかたぶりの本レビュー。
息子は自分で本を選ぶことが多くなってきましたが、
あいかわらず自分では読まず、もっぱら読み聞かせ。
いつかスイッチが入ったときには読むようになるだろう…と、
あながち音読が嫌いでない母は夜な夜な読む…。
最近はずかんを読み聞かせをさせられるので、
あまりこうした本は読書すすまなかった数ヶ月。

『ネッシーのおむこさん』
(角田栄子・作/西川おさむ・絵)
息子セレクト。
作者は『魔女の宅急便』の原作ほか、
たくさんの児童書を書いていらっしゃる角田栄子さん。
子供の頃読んだ本、実は角田さんの作品だった、というものがたくさんあってびっくり。
この物語も、とっても良かったです。
ネッシーなんてタイトルがついているわりにはネッシーは最後まで出てこなくて。
でもネッシーに間違われちゃうかいじゅう、ザブーと人間たちにどう関わっていくのか。
平易な文章で読みやすいけれど、人間の身勝手さと友愛の可能性…実はとっても深い気がします。

『わんわん村のおはなし』
(中川李枝子・さく/山脇百合子・え)
息子セレクト。
犬のお母さん、お父さん、子供たち、お隣さんもお友達も犬。
そう、犬だけの物語。
子供たちがやんちゃなのも、お母さんやお父さんが手を焼くのも、
人間と同じ!
そんなわんわん村の子犬たちがある日一斉に行方不明になってしまいます!
そこで犬の探偵ハテナ・フムさんとお母さんたちが懸命に子供の捜索に乗り出し…。


『エーミルのクリスマス・パーティー』
(アストリッド・リンドグレーン さく/さんぺいけいこ 訳)
「長靴下のピッピ」のリンドグレーン。エーミルは代表的なキャラクター。
リンドグレーンの描く子供たちはみんないたずらっ子!でもそれで良し!
といった感じが読んでいて心地いい。
それは子供のときも大人になっても同じなんだなあ。

『かがくのとも みずのたび』
息子セレクト。
Eテレの朝の番組「シャキーン」で「みずのたび」っていう歌があって、
私がそれを気に入っているのを知って、息子が「お母さんの好きそうな本があったよ」
と持ってきた!
実際は歌とは似てるような似てないような(当たり前…)。
水が流れになって、大きな流れになって、海までいくよ〜的な。


『かさじぞう』
(山下明生 文/西村敏雄 絵)
子どもの本を借りるとき、なるべく日本の昔ばなしを一冊いれるようにしています。
このかさじぞう、私は幼稚園のおゆうぎかいでやりました。
お婆さん役…。そんな目立つのやりたくなくて、
その他大勢な村の子ども役なんかで良かったのに、
ぼけっとしているうちにじゃんけんに勝って決まってしまったという思い出。
息子のお遊戯会ではそんな日本昔話はめったにやらない。今年はみんなハイカラだったなあ。
という絵本レビューにまったくなっていない雑談でした。
[PR]
by ayako-iwagami | 2013-01-04 12:00 | こどもの本。
e0084542_19145322.jpg

『かがくのとも くつのうらは ぎざぎざ』
息子セレクト。
私だったら絶対借りないけど・・・と思って読んでみたら、
意外に盛りだくさんでした!
くつの裏にはギザギザがあるけど、何でかな?から始まって、
いろんなくつのギザギザとその理由がまとめられている。
息子も一緒に考えて、楽しそうだった。
子どもの身近なものの種明かしって視点、素晴らしい!
さっそく自分のくつもギザギザチェックしたり、自分なりの見解を話したりしていました。
かがくのとも、さすが。

『ふしぎなたいこ』
(文・新田新一郎 /絵・田島征三)
天狗にもらった太鼓で自分の鼻が長~くなって、天までとどいて・・・。
定番の昔話。これが東北の言葉で語られる。
心地いい。
田島さんの絵も色づかいがキレイで新鮮。
新田さん主宰のアトリエ自由楽校っていうのが気になる。

『たんたのたんてい』
(中川季枝子・さく/山脇百合子・え)
前作「たんたのたんけん」よりもワクワク感がある。
絵本的な繰り返しのエピソードの長い版?
ぐりとぐらのカルタに登場した「うさぎのギッグ」が出てきて、興奮。
いいよね~。描きすぎない挿絵が、絵本から読書への移行をサポートしてくれる感じ。
これまた地図つきです!

『トコちゃんばったにのる』
(佐藤さとる・作/村上勉・絵)
トコちゃん今度はバッタ乗りの競技に出ます。
バッタを捕まえるところから自分の力でしなくてはならなかったり、
子どもの競技ながら厳しいルールもあるのだけれど、
そこがかえって魅力的に思う。
スリルとかって厳しさからも感じられるんだなあ。


『とらざえもんはまじょのねこ?』
(末吉暁子・作/村上勉・絵)
とらざえもんはネコなのだけど、なんとかして人間の仲間入りをしようとする。
でもうまくいかない。
ただ今すっかりネコブームの息子用に借りた本。
でもとらざえもん、あまりかわいくないのよ。あまり夢中にはならなかったな。

※今回は夫が読み聞かせることも多く、私は読んでない部分もたくさんあるので
あんまり多くは語れず・・・。あしからず。
[PR]
by ayako-iwagami | 2012-09-24 23:39 | こどもの本。
e0084542_22331744.jpg


夏休みだから子連れで図書館。暑くて行き場もないものね。
なので今回は息子セレクトもあり~♪

『かがくのとも ひるまのおつきさま』
(遠藤湖舟 さく)
息子セレクト。
星とか宇宙とか好きなんだけど、月ってまた特別。
お月様には話しかけたりしてる5歳児。
昼間の月もみつけるとすごく嬉しいらしい。
この本には月の満ち欠けが順にあって、
「昼間の月も探してね」って、
いろんな昼間の月の写真が載ってるだけのシンプルなものなのだけど、
好きなものだから嬉しい、みたいな?
月も、星も、雲も、好き。
子供には、空を見上げることを、ずっと好きでいて欲しい。

『コロボックルふねにのる』
(佐藤さとる・作 /村上勉・絵)
コロボックルシリーズ第二弾!
主人公の小人トコちゃんが、今度は葉っぱの舟に乗って
コロボックルの国のある山の周りをぐるっと一周して戻ってきた
ってだけの話なんだけど
最後にたどった道すじが地図になって載っている。
これがまたまた息子にはヒット。
こうゆうのワクワクするよね。私も同じだったから分かるなあ。
今回の5冊のうち3冊が地図つきだった!
子どもはみんなツボなのね。


『エルマーと16ひきのりゅう』
(ルース・スタイルス・ガネット作/ルース・クリスマン・ガネット絵)
シリーズ3冊目。これは冒険色がある。
助けたりゅうくんが故郷に帰ろうとしたら、なんと家族達が人間につかまりそうになっている。
りゅうたちは洞穴に逃げ込んで、入り口で人間達が網を張って見張ってる。
エルマーに助けを求めにきたりゅうくんと共に、
エルマーは今回も知恵を絞って大活躍。
たくさんのりゅうが出てきて挿絵も賑やか。
これで長かった冒険で、エルマーもりゅうくんもやっと元の生活にもどれる・・・はず。
息子もちよっと名残惜しそう。
そうそう、でもこの感じがいいんだよね。
登場人物や物語りの世界と別れがたい感じ。
いつかおしまいになる、でもいつでも会える、本の不思議と魅力。


『ぐりとぐらのうたうた12つき』
( なかがわ りえこ/ やまわき ゆりこ )
息子セレクト。
1月から12月まで、ひと月で見開き1ページ。
季節のことばと、風景や部屋の中での過ごしてる様子が描かれている。
細かくいろんなものが描かれているのでミッケみたいにおもしろかったり。
ぐりとぐらのほかに全ページにこっそり(?)登場するトリがいるんだけど、
3月にだけいないのはどうしてなんだろう?!と息子と二人で知恵を絞りました。
きっとこれはウグイスで、3月は外で鳴きにいってるんじゃないか、というのが私の見解。
ぐりとぐらシリーズは文章も好き。
平易なことばでリズミカルなところに優しさを感じる。
だから我が家はカルタもぐりとぐら。読み札係もほっこりします。


『たんたのたんけん』
(中川 李枝子・文/ 山脇 百合子・絵)
こちらもぐりとぐらコンビ。
読んでも聞いても心地よい繰り返しのリズムの文章。
それが、自分でもいけそう!と思ったのか
息子も一人ですこし読んでた。
お話は主人公のたんたが、ひょうのバリヒと近所の山を探検(っていうより散歩・・・)する
だけだし、そうそう展開があるわけじゃないんだけど、
なんでか聞きたくなる、こちらも声に出して読みたくなる物語。
平易な文章で、雰囲気を伝える力ってすてき。
[PR]
by ayako-iwagami | 2012-08-28 22:25 | こどもの本。
e0084542_9451442.jpg

7月のセレクト~。
読んだ順に覚え書~。

『かがくのとも ターくんのちいさないけ』
(西村繁男 さく)
庭に、おじいちゃんと池を作るってお話。
穴を掘って石を並べて水を張って・・・
まずその過程が、工作と工事現場好きの息子にはツボ。
それからハスや水草を植えたり、メダカを放したり、
そこにいろんな生き物がやってきたり。
池の育っていく過程が2年間。
私の実家にも父が作った池があるのだけど、鯉とか金魚とか入れたから
趣きが違うなあ。
ターくんの池みたいに、自然の水場みたいな池もいいなあ。

『たくさんのふしぎ エネルギー』
(池内了 文/スズキコージ 絵)
小学校3.4年生向けだった(汗)。
発電に興味ありのこのごろ、いろんな発電エネルギーネタでも・・・と思ったら。
かなり物理的なエネルギーの話でした。
熱エネルギー、光エネルギー、化学エネルギー、運動エネルギーなど。
その発生と受け渡しなどを、小学生の分かる程度に解説。
自転車で坂を上ったり、下りたりで位置エネルギーを作ったり使ったりするとか、
物理嫌いな私は淡々と読むばかり。
でも実際、自転車の下り坂で息子が後ろの座席で
「いちエネルギー!!」と叫んでいたところをみると、いちおう伝わったらしい(笑)。
こんな本なのに、まったく説明的でないスズキコージさんの絵がかっこいい。


『ふくろうときつつき』
(ブライアン・ワイルドスミス さく・え/さのまみこ やく)
お隣同士のふくろうときつつき。
きつつきの騒音問題、ふくろうのご近所トラブル。
森の動物たちもみんなで集まって・・・。
森の色彩がすごい!
どうぶつ達の繊細でありつつタッチの効いた描写もすごい!
ずっと読みたかった、ブライアン・ワイルドスミスは想像以上にカッコよかった!
(・・・完全に子供のためと称して自分の欲を満たしてる)
絵の魅力がたくさん詰まった絵本です。

『スーホの白い馬』
(大塚勇三 再話/赤羽末吉 画)
名作絵本ですよね。
何とか賞とか、何とか推薦とかもいっぱいついてる。
でも私が子供だったら自分じゃたぶん選ばなかったな。地味だもん(笑)。
でも、読んでみて納得。
切ない物語がやさしい口調で語られるんだけど、
ものすごく深みがある。
絵と、文章がとってもいい関係なのかな。
横長形の本を開いてすごく横長になる画面に広がる風景は
まさにモンゴルの平原。
草原を吹く風や、戦の血なまぐさい匂いが感じられそうな風情。
全てのページが絵巻物みたいな雰囲気。
地味だけど、子供もじっと聞いている。
今度、馬頭琴を見たらきっと泣いちゃうな。

『エルマーとりゅう』
(ルース・スタイルス・ガネット さく/ルース・クリスマン・ガネット え)
1冊目が大ヒットだったので、シリーズ2冊目を借りてみた。
ん~。
正直、1冊目のようなドキドキ感は無し。
なんか、先が見えないと言うか、行き当たりばったり的というか。
冒険なんだから、行き当たりばったりで当然ではあるんだけど、
前作みたいに、目的がはっきりした冒険のほうが小さい子供には分かりやすいかしら。
読んでる私も「何も起こらないなあ・・・」と思うくらいだから(汗)。
前回助け出したりゅう君と旅するっていうところは好きなんだけれど。
でも、何だかんだで、子供はやっぱり「エルマー読んで!」と毎晩言うから
それほど不満はないのかな。
挿絵が、子供にとってすごく見やすいみたい。
正確なのに、温かみがあって、モノクロだけど優しい。
挿絵画家は著者の母親ですって。
[PR]
by ayako-iwagami | 2012-07-25 21:00 | こどもの本。
e0084542_1011898.jpg


6月後半はこちらでした。
相変わらずの母セレクト(笑)。

『コロボックルそらをとぶ』
(佐藤さとる・作/村上勉・絵)
青い鳥文庫の『誰も知らない小さな国』から始まるコロボックルシリーズは
個人的には日本が世界に誇れる児童向け物語NO.1だと思っているんですが、
まだまだ息子には早いなあ、と思っていたら。
小学校低学年向きコーナーにありました!
文字の多い絵本って感じのものが!
同じコロボックルの世界の中で起こる出来事で、絵も同じ村上勉さん。
小指ほどの大きさの小人の世界のワクワクした感じは文庫同様楽しめます。
こちらもシリーズで出ているよう。
小人話は息子も食いつくので、しばらく借りてみよう~♪

『かがくのとも おとうふやさん』
離乳食期からの筋金入りの偏食・少食な息子も
作り方の工程とか見せたら興味持つかなと思って、借りてみた。
男の子が朝早くに近所のお豆腐屋さんに行って、
お豆腐・その他が出来るまでを見せてもらうっていう絵本。
絹ごしと木綿の作り方の違いを私もはじめて知りました!
息子も読後、おとうふ食べていました!

『ちいさいおうち』
(バージニア・リー・バートン 絵・文/石井桃子 訳)
ベストセラー、定番のなかでも大好きな本。再読です。前は2歳代だったかな。
田舎にあるちいさいおうちは幸せだったのだけど、周りがだんだん街になっていって・・・。
この本にはセリフがほとんどない。風景のこととおうちの気持ちが優しく綴られて、
それが今どきの子供には退屈か?と思うのだが、そんなこともなく聞き入っている。
絵の力も大きいと思う。おうちが顔に見えるらしい。
細かい風景の中にもいろんなものを見つけ出し、手でなぞってみたりしながら楽しんでいた。
文章量は多めだけれど、文字の配置も素敵で軽やかな印象。
全てのページに優しさと美しさの詰まった本!

『さるとかに』
(神沢利子 文/赤羽末吉 絵)
文と絵、ゴールデンタッグです。
今回も猿が憎たらしい顔してる!
文章は擬音語だか擬態語だかが魅力的です。
柿の木が「ざらんざらん」と実をつけたとか、
猿が柿の実を「ぶしゃくしゃ」と食べるとか、
つぶれたお母さんガニから子ガニたちが「ずくずく」うまれてくるとか、
全体を通して音読していても、無理なく読みやすい、美しい日本語。
でも子ガニたちもあだ討ちに出かける時にきび団子を腰につけていくんだけど、
これって昔の慣わしだったのかしら?

『エルマーのぼうけん』
(ルース・スタイルス・ガネットさく/ルース・クリスマン・ガネットえ)
絵本ではなくて、挿絵多めの読み物の本。
「冒険」という言葉に心躍っしまうお年頃の息子。
これはドンピシャにはまったようで、毎晩すごく楽しみに聞いていました。
ごく普通の家庭の子供、エルマーがどうぶつ島に捕らわれたりゅうの子供を助けに行くお話。
2ページ置きぐらいに挿絵が出てくるので、それを楽しみにワクワクしたり、
巻頭に島の絵地図があるんだけど、それを度々見返して確認しながら読み進めたり。
読み終えてからも絵と、地図を眺め、なんとこれまで自発的に本を読むことが全くなかったのが
見出しくらいは自分で読んでみたりしていた。
子供が自分で触って、ページをめくりたくなる本、ってことなのかしら。
だとしたら、読書入門の本として、やっぱり優秀なんだと思います。
[PR]
by ayako-iwagami | 2012-07-06 10:00 | こどもの本。
e0084542_14383263.jpg


先週、子供用に借りた5冊。
ひとりで図書館に行ったついでに借りるので、子供の意見はなし(ゴメンネ!)。
以下読んだ順にご紹介~

『かがくのとも・このあいだになにがあった?』
(佐藤雅彦+ユーフラテス)
もこもこ羊の写真とすっきりさっぱり羊の写真、
さてこのあいだに何があった?
→毛を刈りました。
みたいな、before~afterの間、過程を考える絵本。
やっぱりピタゴラスイッチ的に面白い!
子供の推理も一辺倒でなくて面白い!

『かがくのとも・たねのさくせん』
(稲垣栄洋 ぶん・いまきみち え)
野の草花や、果樹がどうやって種を遠くに運ぶのか。
種が移動するための秘密が色々載ってる。
知ってる植物だから子供も納得。
かがくのともはやっぱりうまく出来ているなあ。

『かちかちやま』
(おざわとしお再話・赤羽末吉 画)
かちかちやまって、日本の昔話の中では残酷なイメージがあるのだけれど
やっぱりこちらもおっかない。
おばあさん、タヌキ汁の代わりに汁にされておじいさんに食べられちゃう。
そりゃたぬきも痛めつけられて当然だ。
たぬきの顔が憎たらしい~!この物語りにはかわいい絵は絶対に似合わないと思う。
風情があって、無駄はなくて、これはいい。

『このよでいちばんはやいのは』
(ロバート・フローマン原作/天野祐吉・翻案/あべ弘士 絵)
動物で一番速いのはなんだろう?でもそれよりも速い魚がいる。
その魚より速い鳥がいる。それより速い乗り物がある。。。
そうやって物の速さを比べていって、宇宙にまで話は進む。
かこさとし氏の『宇宙』にちょっと似てる。
でも最後が、いいんだわ。
この世で一番速いものはひかりなんだけど、それよりも速いものがある。
それは・・・。
これを聞いて、息子の目はキラキラしてました。
あべ弘士さんの絵、やはり動物がいい!とくに鳥が好き。

『コーネリアス』
(レオ・レオニ 谷川俊太郎 訳)
レオ・レオニ+谷川俊太郎は深い。
うまれた時から這わずに立ってあるいたワニ、コーネリアスの物語。
立ったら遠くが見えるよ、魚が上から見えるよ、と言う彼に、仲間達は無関心顔。
でも彼の特異性はやがて認められて。。。
自由人で、多かれ少なかれはぐれ者の性質のある息子には、深いなあ。
がんばれ、コーネリアス!
(・・・っていうノリのお話ではありません)


このほかに先週はこどもが幼稚園で借りてきた
『ひとまねこざる』を読んだ。
ジョージ、大好きよね。
スパゲティとウドンと訳してあって、さすがに息子も?だった(笑)。
[PR]
by ayako-iwagami | 2012-06-13 15:00 | こどもの本。