自由の肌ざわり。

我が家の息子は1歳4ヶ月。

これがまた誰に似たのか、ちょこまかしてるのである。
じっと座って遊んでるなんてことは、まず、ない。
あっちからこっちへ、好奇心の赴くままにふらふらと、
花から花へ飛びまわる蜂のよう。
・・・といえば聞こえがいいが、追いかけるほうは大変!

それでいて、いったんツボにはまると熱中して離れない。
こちらの声も聞く耳持たず。
楽しそうに遊んでる、というよりは
何か難しいことでも研究・実験してるみたいな顔つきで。


先日は児童館の1・2歳児のクラスで絵の具遊びをしたのだけど、
夢中になり最後までひとり熱中。
溶いた絵の具をベチャベチャ塗り、その上を歩き、すべり、しりもちをつき。
それはもう、「描く」というよりは絵の具と「一体化」。
文字通り、肌で色を感じているはず!
お友達のママに「よくそこまでやらせたね~!」と思わず言われたけれど、
あまりにも子供が真剣だったので。
(ま、普通はそこそこで子供が飽きて止めるか、ママが切り上げるかだよね。)


夢中で、真剣で、熱中していて、それでいて自由で。
なんだか見ていて、気持ちよかったし、ちょっとうらやましかった。
どうか、そのおおらかな熱を持ち続けてね。
そして、私もそうありたいなあ。


e0084542_22535181.jpg
[PR]
by ayako-iwagami | 2008-03-21 23:05 | 日々の記し-ひびのしるし- | Comments(0)