不器用につかむ日々

引越し荷造りをしていて、あらためて実感すること。

一緒に作業しているダンナさんと、明らかに効率が違う。
力の差、要領の差、普段からの整理能力の差、があるにしても
決定的に違うこと、
----私は手先が不器用なのだ。-----

ガムテープひとつちぎるのでもなんだかうまく切れない。
紐もうまく結べない。
なんとなくグズっとした荷物が出来上がる。


子供のころから完全なインドア派で、運動神経は悪かった。
すると周囲は何か長所を見つけなければと思うのだろう
「運動が苦手⇒手先は器用」というカテゴリーに入れられる。
実際、何をするのもゆっくりなので、
工作など、できるまで時間をかけて作ってたりすると、
結果、せっかちな子よりは仕上がりがきれいになることもある。
でも、この大人しく地道に作業をしているだけの姿が器用そうに見えてるだけで
本当は図工の時間も「絵」以外はあまり好きではなかった。
粘土、はさみ、カッター、彫刻刀。。。これがうまく使えないのだ。

ただ嫌いなだけだと思っていたのだが
大人になって、いろんな仕事をするようになって気がついた。
私の手は「モノをつかむ」機能が弱いらしい。
パン屋で働いていたときはトングでパンをはさむのにプルプルしてしまうし、
コップや皿もよく落とす。
雑巾がけやスポンジ磨きなども、なでるようになってしまうのでなかなかきれいにならない。
定規とカッターでまっすぐ紙が切れない。はさみで丸くも切れない。
洗濯干しでも洗濯バサミをテンポ良くつまめない。

どうやらそれらはみんな、手の「つかむ」機能の不足(力不足?)に原因があるようなのだ。
手にしたものを、適切にしっかり握れない。
ずいぶん長い間、「そっとさわる」ことばかりが習慣になってしまっていて、
そのせいで、つかみそこねた幸運もあったのではないかと、
ちょっと遠い目をしてみたりして。。。
遅ればせながら、モノをちゃんと「つかめる」ように意識してみようと思った。
毎日をしっかり、取り逃がさないように。
手先を鍛えてる人はボケないって言うしね。そうゆうことなのかも。。。
[PR]
by ayako-iwagami | 2006-08-28 00:16 | 日々の記し-ひびのしるし- | Comments(2)
Commented by こんどー at 2006-09-03 10:06 x
おひさしぶりです 青山塾卒。
あやちゃん結婚してたの?久しぶりにのぞいてみてびっくりしましたー
おめでとう〜
うちは二人目がようやく1才半近くになったのだけど、毎日疲れて体をこわし気味。
風邪なんか3週間治らないし〜
そんなこんなだけどそろそろ再起動しようかなぁ、と考えているところです
またねぇ
Commented by ayako-iwagami at 2006-09-08 11:41 x
こんちゃんおひさしぶり!
家族が増えてるねえ。風邪ながらもお元気そうでなにより♪
うちも今は夫婦2人だけど、11月にはもうひとりチビっ子が増える予定です。
そんで区内なんだけど引っ越して、ネットがつながらなくなって、
段ボールが片付かなくて。。。そんな様子です。
青塾卒のお仲間もみんなそれぞれだけど、頑張ってるよ。
落ち着いたら久しぶりに会いたいね。