雨音とウクレレ

梅雨に入ってしまった。
じめじめしとしと、といった季節だけれど、
傘をさして歩いていると雨音は意外に優しい。
タタタタタ。
ポポポポポ。
と、聞こえる。

もともと音楽なしでいられないたちではないので
耳にイヤフォーンを入れて歩く習慣もなければ、
音楽を持ち歩くためのモノも持っていなかった。
それが最近になってリスニングで覚えることがいくつかあったので
i-pod nanoを入手。たまに耳と繋いでいる。

気持ちよいのでずっと聞いているのは
Janet Seidelのアルバム「MOON OF MANAKOORA」。
優しくて落ちついた女性ヴォーカルとウクレレ、ギター、ベース。
ウクレレは南国を思い起こさせるゆったりしたイメージがあるけれど、
これが思いのほか、傘の雨音に似合うのだ。
雨の音を聞きながら、傘の中という小さな自分の世界に
やわらかなウクレレの音色が重なって、不思議な時間が流れるような。

そんなJanet Seidelのライブに今週末には行って来ます。
梅雨どきのお楽しみ。その一。

雨の音を聞きながら、部屋でひとりで過ごすのもすき。
今年の梅雨はウクレレの練習をしてすごしたい。
梅雨どきのお楽しみ。そのニ。
[PR]
by ayako-iwagami | 2006-06-12 20:04 | 日々の記し-ひびのしるし- | Comments(0)