御苑の夜

月曜日には青山塾時代の友人の個展へ行ってきた。
同じくクラスメイトだった他の友人達と
ギャラリー周りをし、とまらないおしゃべりをし、
夜になって、新宿御苑駅から目的のギャラリーへテクテク歩く。

この日はオープニングパーティー。
彼女をめぐる絵描き仲間が集まる。
なつかしい顔、はじめましての顔。

作品はやっぱりかっこよい。
彼女が昔、描きたいと言っていた「リッチな絵」が
ならんだ空間は伸び伸びと、そして大人っぽく。
心地よいっていいなあ、と素直にうらやましい。

純粋に、絵、そのものついて感じ合い、語り合い、
良いものは、良い、といえる人たちばかりの場に居て、
なんだかほっとする。
すっと背筋がのびる。
ちょっと緊張する。

ああ、でもやっぱり仲間はいいな。
いい夜だな。
そしてまた、ワイワイと駅に向かって帰る。
そんな塾生時代にもどったような
御苑の、明るい夜。
[PR]
by ayako-iwagami | 2006-03-01 01:53 | 日々の記し-ひびのしるし- | Comments(0)