『前川國男建築展』

先日、東京駅ステーションギャラリーの『前川國男建築展』にいってきた。

建築の専門知識はないから
それなりの見方になっていたとは思うけど
ずいぶん時間をかけて見て回れたと思う。

なかでも
その内容はよく分からないものの
手描きの図面からはある種の温度のようなものが伝わってくる。

図面自体は作品じゃないし、
ツールとしてコンピューターを使うのにも利がある。
もちろん、データとしての図面を作ることと
手描きで図面を描くことが、
モノ作りへの思い、技量などを測る指標にはならないだろう。

それは重々承知した上で、
それでも手描き図面の一本一本の線を見ていると
得体の知れない何かが備わっているような気がしてならない。

なんなのか。
それを簡単に「愛」なんていってしまったら
私はコンピューターがすこぶる苦手なアナログさんですよーと
開きなおってるようなものかしら?


ちなみに東京駅ステーションギャラリーはこの展示をもって
一時休館するらしいです。
2011年にリニューアルオープンとか。
以前は展示室内もレンガで床も木でなくて
赤じゅうたんだった気がするのだけれど、ちがったかしら?
今回壁は白いクロス張りでした。
レンガの風情が好きなギャラリーなので、
リニューアルしてもあのレトロ感が残ればいいなあ。
[PR]