『杉本博司 時間の終わり』

すべりこみで先日、森美術館に行ってまいりました。
周囲の友人達の好感想をたよりに
ほとんど予備知識もなく出かけ...。

なんとも見ごたえのある展覧会でした。
普段、あまり写真の展示は見るほうではないし、
杉本氏のこれまでも、作品自体の評価のされ方も
その功績について私は知らないのだけれど、

ただ、初対面で、
なんとも美しい。
絵画的と思えるような物語の気分。

ひとつひとつの作品を見つめると、
作家がその被写体に向かいあった時間の長さ、
その時間の濃密さを感じる。
そんなギリギリの緊張感。

会場内で上映されていたインタビューで
「展示の会場ごとつくる」と言った内容の事を
氏が語っていたけれど、
作品のシリーズごとに分けられた部屋はみな
壁面や照明がちがっていて
それもまた光と影の美しい空間に。

去年、行けなかった直島にも
やっぱり今年は行ってみたいな、とも思い
何となく背筋が伸びて会場をあとにしたのでした。
[PR]