お伊勢参り

今年の正月はお伊勢参りにゆきました。

関東からほとんど出たことのない私にとっては
伊勢神宮はもちろん初体験。
本当は「伊勢」はつけないで、ただ「神宮」というのが正式名称とか。
そういえばお守りにも、戌の土鈴にも「伊勢」の文字はない。
ふうん。そうだったんだ。
内宮と外宮とふたつあることも初耳。
皇族などもお参りするいわゆる神宮は内宮とのこと。
で、私達も内宮へ。

初もうでの人の波は石段の下のそのまた手前の道まで続き、
1時間ほど並んで内宮の正面でお参り。
想像以上に簡素な茅葺き&白木の建物に
白い布が暖簾(?...)みたいにかかってるだけの
有無をいわさぬ美しさ。
それを大きく揺らして吹き抜ける風さえも
霊験あらたかに感じてしまうような圧倒的な存在感。

なんといっても古代の高床式を今に伝える姿とか。
これはほんもの。
飾りなんてない。大袈裟なところもない。
きっと「真なるもの」には
ほかには何もいらないんだな。

ただ、なんとなく、
「千と千尋の神隠し」で汚れを落としてもらってさっぱりした
川の神様の姿、を連想してしまったりして...。

その他、「遷宮」とか、あまり知らなくて
なんだか目からウロコが落ちることばかりでした。

帰りは赤福本店でひと休み。
できたて赤福は土産ものとは別物かと思うくらいのやわらかさ。
お餅がとろ〜っとのびるくらい。
ものすごく込んでいた店内だけれど
店員さんの紺のワンピースの制服も、
黒光りする柱に掛かった丸時計も、
大きな釜から立ちのぼるほうじ茶の湯気も、
すべてがゆったりとした気分にさせてくれる、ほんのひととき。

店内でも配付、赤福の箱詰めにも入ってる、毎日違う、伊勢だより。
この日は、志摩安乗文楽のこと。
赤福のページでは今日の伊勢だよりもみられます。

潔く、
ゆったりと。
よき一年でありますように。
[PR]
by ayako-iwagami | 2006-01-11 10:45 | 日々の記し-ひびのしるし- | Comments(0)