少年たちの物語

今日は『BOY'S LIFE-あのころ僕たちには冒険があった-』というタイトルで取り組んだ今回のテーマのことなど、
いくつかの作品紹介を交えつつ書き記したいと思います。
(個展:表参道OPAギャラリーにて開催/2015.10)

今回モチーフに選んだ物語は4つ。
『トムは真夜の庭で』フィリパ・ピアス作
『トム・ソーヤの冒険』マーク・トウェイン作
『スタンド・バイ・ミー』スティーブン・キング作
『やかまし村の子どもたち』アストリッド・リンドグレーン作

e0084542_12354421.jpg

(DMは『やかまし村の子どもたち』で隣同士、手紙のやり取りのシーンでした。)

そもそもは前回の個展。18冊の児童文学を選んで1冊につき1点ずつ描く、というものでした。
すると自分の読んだ物を中心にセレクトした結果、女の子ものに偏ったのです。
ふだん女性や少女を多く描いていることもあり、やはりルーツはそこだったのかと思ったり、
初めての個展でしたから、自分らしいテーマを!との思いから、少女を中心に描いていきました。

でも、このときの個展を通して、これは男性のかたは楽しめるんだろうか?という疑問を持ちました。
お仕事でも、どうしても女性向けのものばかりになります。それはそれでいいのですが、
でもあまりにも女子モチーフばかりでもなあ…という課題を得たわけです。
そこで、今回はテーマを「少年」にしました。

e0084542_12405370.jpg

(『スタンド・バイ・ミー』のクリス。映画ではリバー・フェニックスの演じた役。)

私自身がちょうど息子と日々暮らしていて、その中で「少年」に興味のあることももちろん大きいと思います。だからこそ描ける雰囲気もあったと。

前回の個展から3年。その間もオーパギャラリーさんにはお世話になっていて、
「今年は風景を描いていきたい」とか「線画も本当は描きたいんです」などという私のささやかな目標をくんで下さり、企画展に参加させていただきました。
そこですこしずつチャレンジをして、すこしずつ見える未来が変わってきたのです。
だからモチーフの物語もしぼって、もうすこし内容にはいっていったり、
挿絵のように物語に寄り添う絵を描いていこうとしました。

e0084542_12505874.jpg

(『トムは真夜中の庭で』の1シーン。最後に描いた絵で、久しぶりに色から決まった絵。気に入っています。風景らしきものに挑戦…。)

ですから、今回は単に色合わせや構図にこだわるのでなく、情感のようなものがにじみ出ると
いいな…と思いながら描いています。
少年の表情とか、足、手、背中、ひとつひとつがちゃんと感情を持って語ってくれていたら嬉しい。

e0084542_12551541.jpg

(『トム・ソーヤの冒険』、シンプルな構図ですがこれはB2サイズと、私の中では過去最大の大きさ。
それなりに苦労しましたが、大きいからこそ描けることがあることもよくわかりました。ギャラリー正面でがんばってくれた黄色い絵!)

モチーフだけでなく、タッチも混在しています。
ここ最近描きはじめた線画は、実はずっと描きたくて、
でもうまく自分の作品にできないような気がして、悶々としていたもの。
お仕事や企画展をきっかけに、色鉛筆を使いはじめてアクリルの塗りとあわせるようになったら
楽しくなってきました。

e0084542_1314835.jpg

(『スタンド・バイ・ミー』これはラッピングペーパーにも印刷したもの。
韓国人旅行客の方々が気に入ったらしくこの絵の前でなにやらずっと話していた…。内容がわからなかったのが残念。)

e0084542_134161.jpg

(『やかまし村のこどもたち』挿絵っぽい感じで色付き線画。
このグレーとオレンジの組み合わせはイラストレーターやデザイナーさんたちに好評でした。)

e0084542_1381684.jpg

(『トムは真夜中の庭で』。最初から薄い紙にラッピングペーパー印刷をするつもりで描いた。
細い色鉛筆とアクリルガッシュ少々。女性に好評。)

物語の絵を描く仕事がしたくて、毎回物語がテーマになっています。
まだまだ精進あるのみですが、また課題と目標を見つけながら進んでいきたいなと思っています。

展示会場にいただいたお花に友人から「これからも素敵な冒険を!」とメッセージがついていました。
なによりも心強かった。
いまでもたくさんの友人たちに、黙って、温かく、背中を押してもらっているのです。
なによりも、嬉しい、ありがたい。

また、これからもがんばります。
いつか、恩返しができますように。
[PR]