図書館で借りた、こどもの本。

久しぶりの本ネタです。

息子の誕生日、紆余曲折ありつつもついにゲーム機を買ったのです。
親子で互いの思惑やら、約束事なんかはもちろんあるのですが、それはここでは置いといて。
とにかく以前から無駄に(!)早起きの息子が、
朝30分ゲームをしたあと30分読書するという朝の過ごし方になっているここ数週間。

なので、借りる本が読み聞かせ本から自分で読むものへ変わり、冊数も増え。
私は読まないので中身のレビューも書けなくなってきました。。。
ちょうど地元図書館が一度に一人15冊まで借りられるようになったことが大助かりです。

e0084542_14374272.jpg


『かいけつゾロリのママだーいすき』(原ゆたか 作)
『ドリトル先生アフリカへいく』(ヒュー・ロフティング 作)
『彦一さん』(寺村輝夫 作)
『空からおちてきたドラゴン』(ジャニス・エリオット 作)
『きえた草のなぞ』(マージョリー・W・シャーマット 作)
『ふたりはいつも』(アーノルド・ローベル 作)
『モンスターホテルでおめでとう』(柏葉幸子 作)
『モンスターホテルでなつやすみ』(柏葉幸子 作)

これまでも気に入って読んでいた名探偵ネートやゾロリのシリーズに加えて、
モンスターホテルシリーズがヒットしたようです。
世間は妖怪ブームですからね(笑)。西洋風のモンスターたちの物語も興味を持ちやすかったらしい。
あとは彦一さんのとんち話も気に入っていました。

相変わらず、選んで借りてくるのは私なのですが。。。
学校では自分で選んでいろいろ借りてくるし、いまのところはまあ、いいか、と思っています。

読むのは書籍だけじゃなくて、漫画も読むようになりました。
ここ数ヶ月はTSUTAYAでコツコツ借りてきた『ドラゴンボール』を家族で回し読み、
先日ついに42巻読了しました(泣)。
連載終了から20年経つのに、未だ小2男児を夢中にさせるその魅力に。。。
一番ハマったのはおそらくこの母でありました(笑)。
[PR]
by ayako-iwagami | 2014-12-07 15:08 | こどもの本。