器を買いに

e0084542_1712633.jpg

先日、お友達に誘ってもらって、
初めて「テーブルウェア・フェスティバル」へ出かけました。
東京ドームにぎっしりならぶ食器やカトラリーなどの大イベント。
知っていはいたものの、なんせキャンピングライフの我が家では、
ほとんどモノを買い足すことがなかったので、これまでは無縁だったのです。
ところが最近、愛着の持てる食器が少しずつ欲しいなあと思いはじめ、
そんな矢先に、なんてグッドタイミングなお誘い。

お友達のご親戚が窯元をやっていて出店しているというので、そこも興味津々で伺ったのです。
結果、
とっても満喫しました。
和洋の食器が大部分ですが、竹製品、木製品、布製品、ありとあらゆるテーブルウェアが。
特に和食器をあんなにたくさん、いろいろな産地のものをゆっくり見比べたのは初めてで
とても新鮮でした。

お買い物の目当てはどんぶりだったので、たくさん見た中で
お友達のご親戚の窯のものを。
シンプルなんだけれど、とっても繊細なヒビみたいな模様が全体に入っていて
素朴な雰囲気でありながら上品。
丁寧な仕事ぶりのものが身近にあるというのは気持ちがいいものですね。
大事に使います。
あとは白山陶器で以前欠けてしまっていた小鉢を買い足したり。

ひさしぶりにお買い物で元気になりました。
[PR]