現代アートへ、ほんの一歩。

遅ればせながら、横浜トリエンナーレに行ってきました。

この数カ月のもやもやに関して、ひとつ行き着いたところ。
一現代アートが分からない

概念も知らない。
善し悪しも分からない。
見方、なるものも不明。
そういったものが、あるのかないのか、必要なのか必要でないのか。

特に避けているわけでも、食わず嫌いなわけでもなく
なんとなくこれまで接点がなかっただけ。
でも今回、ちょっと覗いてみたい。
そう思ったので、行ってみた。

「アートサーカス(日常からの跳躍)」。
知人達は、大きな学園祭みたいって言ってたっけ。
それらの喩えが的確なのかは私には分からないけど、
わたしにとってはジャングルのような。
未開の地。

探検しながら、自分の好みが明らかになっていく。
自分の中にある「ドラマティック」の定義。
そんなことを考えながら、歩き、
結局、自分のそれから跳躍することができないことに気付く。

アートって何ですか?
アートの見方って何ですか?

すこし楽しみ。
この先、ゆっくり考えて行こうと思い、探検はひとまず終了。
寒さのあまり、帰りはジョギングで会場を後にしたのでした。
[PR]