なつやすみ

e0084542_14322745.jpg

夏は子どもの夏休み時間で過ごす、この数年。
今年は幸か不幸か絵の仕事はヒマだったので、気持ち的にもどっぷりがっつり子どもと過ごした猛暑の夏。
学校のプールに行ったりしてくれるというのもありますが
やはり過ごしかたとしては、成長とともに楽しめるようになってきたなと思います。

工作やものづくりが好きな息子と一緒に、
色粘土で人形づくりをしたり、水彩画の練習をさせたり。
これが自分も一緒にやると面白い。意外と苦戦。
色粘土はアクリル絵の具で自在に色が作れるから、幅が広がりそう。
水彩画は息子の練習用に学校と同じぺんてるのを使ったけれど、
今度は透明水彩を使ってみたくなりました。
水彩…ごまかしがきかないから、ドキドキする。それがたまらなかったりして。
これまで絵の具といったらいつも、
肉トレーをパレットにしてアクリル絵の具で大きな紙にしか描いたことのない息子には
はじめてのパレット、はじめての下描き。
アクリルと水彩の使い勝手の違いを感じていたようです、それなりに。

写真は、いなり寿司の「いなりん」。
夫の実家は浜松の先あたりにある、愛知県の豊川。
豊川稲荷という神社があるので、街のキャラクターが「いなりん」。
「豊川いなり寿司の素」のようなものをいただいてきたので、これまた息子と作ってみた次第。

あと1週間で夏休みもおしまい。
息子の宿題はそこそこ順調だけれど、
私が宿題にしていた自分の課題は…手つかずだったりして。
[PR]