『街の風景』展、おわりました。

e0084542_2382279.jpg

台風らしきものにはじまり、台風らしきものに終わった1週間ではありましたが、
意外と雨に降られることもなく、無事に『街の風景』展は終了いたしました。

『風景』というモチーフも初めて、そして色鉛筆メインの線画というタッチにも初めてチャレンジしまして、
風景がお得意な他の出展者のみなさまの胸を借りるつもりで臨みました。
結果、それぞれ画材もタッチも違っていたので、いろいろなお話しを伺え、
すばらしい作品に囲まれ、とても充実した5日間を送ることが出来ました。
私の色鉛筆タッチはもうすこし進めていこうと思っています。
もちろんこれまでのガッシュ使いのものも描きますが。

私が選んだ街、飯田橋。
描いたのは、小さいけれど画像左から
日本武道館、神保町の古書店街、旧日仏学院、カナル・カフェ、神楽坂の路地。
描くにあたっては三度ほどロケーション・ハンティングのために周辺を散歩をしました。
学校と会社の多いエリアですが、日本の伝統的な文化の香りとともに
あまりにも当たり前のような様子で異国の香りの漂っている街、という印象。
その、日本だか異国だか分からない、どこか不思議な雰囲気が表現
できていたらいいなとおもいます。


今回も、ご来訪いただきましたみなさま、気にかけてくださったみなさま、
ギャラリースタッフのみなさま、出展者のみなさま、お世話になりました。
そして、息子を夜まで預かってくれたお友達、本当にどうもありがとう。
迎えにいった夫や私まで上がり込んですっかり夕食をごちそうになってすいませんでした!!
たくさんの方々のご縁と支えがあってこその、日々の活動だと思っています。

またこれからも頑張ります!
[PR]