個展レビュー:作品no.10

e0084542_19574119.jpg


『冒険者たち~ガンバと15匹の仲間~』
斎藤惇夫 作

アニメ「ガンバの冒険」の原作となった物語。
海を知らないガンバが、
友達に誘われて港に行って、船乗りネズミにあって、
とある島での事件を知って、冒険のたびに行くことになり、
さらに初対面の仲間のリーダーになることになり…そこまでが一晩の話。
人生の転機ってそんなものなのかもしれない。
イタチのノロイ一族の不気味さ。
追われ、逃げるネズミたちの精神的な苦痛、
味方となるオオミズナギドリ達の勇ましさ。
小さな小さな生き物達の攻防が
大画面でスクリーンに映し出されているみたいに
生き生きと感じられます。


-------------
女子らしいセレクトの多い今回の本の中で、数少ない、男子に是非お勧めしたい1冊!
読み応えあります。
「ガンバ」はアニメで見た~とおっしゃる方は同世代(笑)。
アニメも面白かったけど、ノロイの印象が本だとだいぶ違います。
そこも含めて、読んでいただきたい!!
[PR]