個展レビュー:作品no.8

e0084542_1536472.jpg

『オズの魔法使い』
ライマン・フランク・ボーム 作

終始「Over the Rainbow」が頭に流れてしまうこの物語。
ドロシーが巻き込まれる不思議な世界でのこの物語のおかげで
何はともあれ、カンザスは竜巻がおこる場所、と覚えました。
案山子、ブリキの木こり、ライオン。
コンプレックス持ちの仲間達に自信を与える、
といういい話なのだけれど
肝心のオズが登場してからはずいぶんとびっくりするような
展開なのです。
そして映画では、ジュディ・ガーランドがルビーの靴を履いて
いましたが、これは原作では銀の靴なのです。


------------
これ、ブリキの木こりがゆるキャラみたいと言われていました(笑)。
時々「脱力感がいいよね~」とか「ここの脱力した感じが~」とか言われるのですが
本人、脱力してるつもりはないのです(笑)。むしろ常に全力!
でも、適度に抜けた感じが出ているならば嬉しいな。
ライオンも犬もいろんな人にゆるい~といわれた癒し系オズの魔法使い?!

「オズの魔法使い」は、みんな
タイトルは知っているけど内容が分からない・・・物語ナンバーワンでした!
映画もいいけど、本もお勧めです。
黄色い道とかエメラルドの宮殿とか、色彩豊かな物語。
頭の中が色とりどりになる感じが好き。
[PR]