個展レビュー:作品no.5

e0084542_1551261.jpg
『クローディアの秘密』
E・L・カニグズバーグ 作

NHKみんなのうた、大貫妙子さんの「メトロポリタンミュージアム」の
モデルとなった物語。
12歳のクローディアは計画を練り、弟のジェイミーを誘って家出をします。
滞在先は、なんとメトロポリタン美術館!
バイオリンケースとトランペットケースに荷物を詰め、
子どもであることもフル活用し、
世界でも最大級のこの美術館に1週間もこっそりと寝泊りしてしまう。
クローディアはこの生活の中で「天使の像」に出会い、
この像の謎解きを通して、彼女は秘密を持ち、大人になっていきます。
物語の最後に持つことになる、
彼女を大人に近づけてくれる本当の「秘密」とは、さて何でしょう?


----------------
↑キャプションで紹介した「メトロポリタンミュージアム」をご存じない方が多かった。
そうだよね。みんなのうただもん、世代限定よね(汗)。
で、原作もあまり知られていなかったのだけれど、
大人の読む児童文学として、今回のなかでこれはイチオシです!
状況だけでもかなりワクワクする感じなのですが、
ちゃんとクローディアが成長するためのストーリーがあって、
その小さな成長というか、変化というか、そんなのを感じられるところが好き。
[PR]