言葉にならない

なんだかずるずると
衣替えもままならないうちに、10月下旬。
この間あった友人が、
ふわっと柔らかそうな、空色のニットを着ていて、季節に気付く。
ちょっぴり考えごとをしているような空、の色。

夜、暗い中を外に出たら、
鼻のあたりで、ヒヤリととする。
頬と耳のあいだくらいが切なく、ツンとする。
胸の奥のような、そこではないどこかのような場所が、ジワリとする。

その夜の寒さで
何年前の秋の夜のことを、思い出しているのだろうと
気付いたのは、ほんのすこし後。

温度、音、香り、触感、まぶしさ、暗さ。
その感覚が覚えていることがある。
この時何があったとか、どう思ったとか、そんな言葉を通過せずに、
五感と心が直接つながっていると感じること。

きっとそれが、もう理由なんて分からない
心の条件反射みたいな記憶になって、
そのこころの揺らぎを積み重ねながら、日々暮らしているのだろうな。

その積もったものは、きっと大切にしようと思った。
[PR]
by ayako-iwagami | 2005-10-26 13:12 | 日々の記し-ひびのしるし- | Comments(0)