「もどっておいで」と、あの絵がささやく

いま本屋さんに並んでいる「ku:nel」の表紙、
長崎訓子さんの絵がすてき。
やっぱり、いい。

自分の気分の中で色んなことがごちゃごちゃになって、
しばらく「ku:nel」やそれに続くたくさんの白色系の本や雑誌に
近づかないようにしていたのですが。

「意地はってないで、もどっておいでよ。」
そう言われてる気に、なってしまう。

そうしようかな。
白色に染まるのも、そうでない色を選ぶのも、私。
大切なのは、自分の真ん中にあるもの。
そんな復帰の思いを込めて、長崎さんの表紙を家に持ち帰る。
ささいなことなのだけど、ちょっとした思い切りをつけてくれた。
そんな強さのある絵との嬉しい出会い。
[PR]
by ayako-iwagami | 2005-10-03 00:55 | 日々の記し-ひびのしるし- | Comments(0)