秋の便り

e0084542_15275835.jpg

夫の実家から、「柿を少し送るね」と言ってもらった。
「はい、食べきれないといけないから少しで大丈夫です」
「うん、それじゃ少し送るね」

そして届いた36個!
誰か…食べにきてください。

次郎柿っていうのかしら。
早速味見した夫曰く、すごく甘いそうです。
四角くて下が平らなので箱にお行儀よくならんで。
敷いてある中日新聞が
故郷からの便りだということを感じさせてくれる。

一句。
ふるさとの秋の夕日が36個
(字余り)
[PR]