『つみきのいえ』

そういえば、先日『つみきのいえ』を観た。

台詞のない
ナレーションのない
ただ、絵が語る物語。

言葉に頼らずにいると、
人はこんなに一生懸命に見て、
考え、
自分の心というか自身とダイレクトに向き合って、
感じるものなんだなあ。

もちろん
絵の温かかさ、
お話としての面白さ、
無駄のないすべてがそうさせるんだけれど。

『つみきのいえ』という作品を観いながら
自分の心を見つめているようで。
観れば観るほど、人によって、感じ方が違うんだろうな。

そんな作品。
やっぱりすばらしかった。
[PR]
by ayako-iwagami | 2009-05-22 16:40 | みたもの。きいたもの。 | Comments(0)