『女はみんな「うつ」になる』

これまでほとんど実用書の類を読むことのなかったわたくしですが
ここ最近ちょこちょこと人に勧められるものを読むようになっております。
なんかやる気が出ないな~と思うことが度々あり、
自分の気持ちやテンションをあげていく方法といったことに興味をもって。。。
自分の心の問題だから、変わるのを待つしかないと一人で思い込んでいたのですが、
やっぱりプロや達人の意見も大事ですね。
「ほう!」と新鮮な気分が湧いてきます。



そんなときにタイムリー(?)なお仕事をさせていただきました。
香山リカさんの著書『女はみんな「うつ」になる』の装画です。
ゲラを頂いた時点でかなり興味津々に読んでしまった!

中央法規出版さんから出ているシリーズCuraの一冊。
Curaは「生活に密着した社会問題を分かりやすく、新しい視点で考えるシリーズ。」
ということで、専門家からみた女性のうつに関する考察が分かりやすく書かれています。
さまざまな環境の変化と女性のうつとの関係を理解することができるかもしれません。
自分も含めて周囲の女の人たち、最近少なからず「うつ」っぽい気分になっているような気がして。
この本を読んで、ああやっぱり原因って色々あるんだなあ、
だれでもその可能性はあるんだなあ、とすこし心がゆるやかになった気がします。


今回の装画はデザイナーさんからの依頼で「繭から出てくるイメージ」。
深刻な問題を扱った著書ですが、
その先にある、心が軽くなっていくような気分を表紙でだせたらいいなあと思っています。
書店で見かけたら、是非手にとってごらんください~♪


e0084542_102011.jpg
[PR]